エロゲー感想 > VenusBlood-ABYSS- 感想

VenusBlood-ABYSS- 感想

メーカー:<dualtail
原画:丹下ゲンタ/トシぞー
シナリオ:西矢沙広/け~まる/青木きりん/イルカ


【データ】
・ディスクレス可
・Hシーン103枠
(ルキナ13、ガーネット12、サラーキア11、リリシア9、セレナ13、
フローレシア11、プリマテス7、アイオン5、シャナン6、キキョウ8、複数その他8)
・CG89枚(差分含まず)


【書きなぐり】
CG:○(触手が映えておる) 
CV:○(好きな人が多くてイイネ)
シチュ:◎(モンスターを産卵させて使役する…堪らない)
テキスト:○(特に不満なし)



【良かった点】
①エロエロス
快楽を伴う産卵行為に段々理性を失っていく…興奮しますわ。
モンスター雇用する時にもれなくヒロインは産卵するのですが、これがエロすぎた。場合によってはHシーンよりも。
思わずその立ち絵の全キャラ全差分をキャプってしまうくらいに。<-変態ですね分かります
快楽と被虐verの2パターンの構成なので実数は少し下がる難点も有りますが数的には満足出来るレベル。



②ヒロインが魅力的
リリシアは別格だけど他にシャナン・キキョウ・アイオン・ふたなり勇者がド真ん中ストライク。
可愛いからHシーンも盛り上がるというもの、特にふたなり勇者はスタッフに超愛されてるなとやってて思ったw
惜しむらくはメインヒロインであるルキナが格好良すぎて完全にダブル主人公になっていること。



③ゲーム性
ひたすら敵を撃退しないと生き残れないという設定が秀逸で、防衛スキーとしてはとても楽しかった。
ちゃんとスコアも出るので、ヒロイン工場化によるステ吟味などとあわせたやりこみ要素も。



④システム
日常イベントを含む全シーン鑑賞機能、シーンスキップ(Hシーンのみスキップ項目が周回時に素敵)が優秀。



⑤シナリオ
中々熱い展開で、読んでいて楽しかった。終盤は敵ユニットのマジキチな性能もあいまってかなりの絶望感。
雇用ユニットを見た目重視で選び、称号も適当にサクサク産卵させていったらアギリスに粉砕されたのは良い思い出。



【気になった点】
①操作性
やる(やれる)事が多いので初見の人は慣れるまでに少し時間を必要とし、更に称号システムがクリック連打を半ば強いること。
ある程度妥協しないとクリックだけで一日が終わってしまう、ある程度選べる方式でも良かったんじゃないかな。



【まとめ】
触手+産卵でどうみてもニッチなのは否定できない。でもだからどうした好きなものには正直であれ。
VBシリーズは1作品ごとに完結しているので初心者でも安心の仕様。ゲーム難易度はまた別のお話だが。
オマケで「ひたすらディフェンス」モードが開放されたら是非一度プレイしてみて下さいな。引継ぎで俺Tueeeeeも出来るよ。
細かいシステム上の要望(残り1Tまで索敵ボタンとか)はあるけど、パッチでほぼ問題なし。
趣味・嗜好的にOKかつSLG系が好みであればお勧めしたいですね。


総合評価:8


管理者にだけ表示を許可する

DigitalCute「タンテイセブン」応援中!

淫らに喘ぐ七人の夜這いする孕女
『聖騎士Melty☆Lovers』を応援しています!

puremore『契約彼女』応援バナー720×320_4


Copyright (C) 2011-2015 気がつけば複数買い All Rights Reserved.