エロゲー感想 > 螢火ノ少女 感想

螢火ノ少女 感想

メーカー:<地雷ソフト
原画:こもだ
シナリオ:前山信頼

【データ】(ネット認証なし、修正パッチ有り)※あてなくてもフルコンプは可能
・ディスクレス可
・回想17枠(つぐみ5、まどか5、つぐみ&まどか2、未来3、楓2)
・CG46枚(つぐみ18、まどか15、未来7、楓6)※差分含まず

備考:CG内訳について
公式が並べてくれているので、それに準じました。
つぐみ&まどかのCGはつぐみ、まどかにそれぞれ1枠ずつ。

※シナリオの項目でネタバレが有ります。(白文字にはしていますが)
具体例を挙げないと判り辛い部分なので未プレイの方はご注意下さい。
【書きなぐり】◎>○>△>×
CG:(特に不満なし) 
CV:○(鉄板すぎる皆様)
シチュ:△(陵辱寄りなのは嬉しいんだけど)
テキスト:△(読み難いとかではなく、単純に短い。)


【良かった点】
①エロス
尺は正直ミドルプライスということを加味して考えても短い。
卑語はおちんちん・おまんこ等、尚そういう方面担当は楓と未来である。
アへ顔はつぐみにそれっぽいのが1つくらい、CG差分は0~3枚。
前半は一応イチャラブ寄りのH、後半は陵辱Hと展開にメリハリは利いていたね。
サンプルので全部だったけど、拘束Hも管理人的にはポイント高め。

②CV
木多野ありさんの素に近そうなボイスと悲鳴(1回)頂きました!
・・・冗談は兎も角、全員好きな方ですしキャラに合っていると感じました。勿論Hな演技もバッチリ。
程度の差こそあれ豹変というか普段と違う一面を見せる場面がちょいちょいあるんですが、ゾクリと出来てイイ感じです。
見所というか聴き所は多分ここだと思うなー。


【気になった点】
①エロス
大きく分けて3点。
○「ボリューム」
ミドルプライスだから過度な要求は出来ないが、回想数17は低価格並みと言わざるを得ない。
勿論、数が全てではないけど差分少な目(0~3枚)、総合的な枚数でも少なめ(46枚)だとちょっと擁護し辛い。
というか差分0ってつまり射精しようが快感に悶えようが絵的には一切の変化がないって事だからね・・・それは流石にどうかと思うし、それで抜けるかと問われればNOだ。
勿論それに引っ張られてか、尺自体も非常に短くなっている。

○「HCGの枚数」。
突然だが公式+げっちゅ屋さんに掲載されているHCGのサンプルを数えてみよう。
公式8種類、げっちゅ屋さん7種類で合計15種類である。(当然重複はノーカウント)
じゃあそれが製品版でどれくらいの割合なのか?
製品版のHCGは、つぐみ15枚、まどか12枚、楓5枚、未来6枚で合計38枚
ということは15/38で約40%、元々の母体数が100枚で40%なのと、元々が40枚未満で40%では意味が異なる。
ちょっと公開しすぎだったんじゃないかなー、というのが正直な所だ。

○「Hシーンでの男の顔」。
管理人含め多くの人が黒幕だと予想していた人の顔がやっぱり強烈。
というか逆に主人公は顔一切出てこないよ、ヒロインの顔で隠れてるくらいで。
つぐみ2、まどか2、楓0、未来1(うち2枚はげっちゅ屋さんに掲載されているものです)。
数的には5枚だが元々のHCG枚数からみると13%と二桁に到達するし、未来はちと微妙ですが他は全てこの作品の肝である陵辱シーンなので・・・苦手な人なら後は分かりますよね。
正直に書くと、クズ村人によるリンカーン的展開は殆どないのでソレ目当てならご注意を。

②シナリオ
最初にフォローしておくと、予想より小さい世界だっただけで纏まってはいる。
だが、圧倒的に説明や描写が不足していると意見されるのは残念ながら避けられないだろう。
勿論大筋は理解出来るし、多分そういうことだろうなーと脳内補完も可能だが、物事には限度がある。
唯一島から脱出するエンディングに関しては多分人によって感じ方が違うだろうから、未来のHイベントを例に挙げよう。
<具体例>
とある儀式の生贄につぐみが捧げられそうな現場に遭遇しと飛び出そうとする主人公

未来はそれを静止し、銃でその場の皆を威嚇し啖呵をきる

村人達とびかかる、主人公はその隙に脱出し逃げ場所を探して彷徨う

ある場所で未来の変貌した悲惨な姿を目撃
未来さんついさっきまで元気バリバリだったじゃん・・・どうしてこうなった。
脳内で補完すれば「フルボッコにされて自分が取り扱ってたであろうおくすり打たれておかしくなった」ということなのだろうが、そういう説明は一切なされていない。
一晩どころか僅か数時間の出来事である、陵辱Hを重視するのならばその過程を見せるべきだ、と思う。
主人公が彷徨う期間を数日にするとか、そこで分岐させてミクの肉奴隷日記ルートにするとか。
ちなみにシーン名は「ミク調教散歩」、調教はもう完全に終わってますよね。
とまあこんな感じで、色々伏線っぽい会話は用意されていましたが、展開が唐突に始まるので「どうしてそうなったのか」「結局どういうことなのか」という感情がプレイを終えても拭い去れませんでした。
やろうとしていた事は大体判るだけにこう・・・惜しかったなあと。

③番外
製品をインストールして起動したら、体験版セーブデータが適用されていた。どういうことなの・・・。


【まとめ】
申し訳無いが高い点数はつけられないですね、諸般の事情で削られたり泣く泣く諦めた部分があったんだと思います。
管理人的には好きな声優さんのボイスが聴けただけで最低限の心の満足度はあるのですが、そうでないとちょっと厳しいでしょうね。
購入した事は後悔していませんし、色々言いつつもそれなりに楽しめましたが、イイ感じの陵辱が出来そうな世界観だっただけに、惜しいなあというのが正直な感想です。
メーカー名的に、地雷ゲーと呼ばれて広まっちゃうんだろうな・・・個人的には購入してプレイした人のみがどうしても我慢出来なくて一切の擁護が不可能な時に身を震わせながら泣く泣く使う単語だと思います。
0点つけた作品でも地雷とは言ってないはず。(人によっては地雷になりうるとかなら使ったかもしれない


総合評価:2点
【内訳】
基本点:4点
ボリューム不足:-2点(諸々ひっくるめて)
説明・描写不足:-1点(シナリオ方面)
CV補正:+1点

管理者にだけ表示を許可する
DigitalCute「タンテイセブン」応援中!

淫らに喘ぐ七人の夜這いする孕女
『聖騎士Melty☆Lovers』を応援しています!

puremore『契約彼女』応援バナー720×320_4


Copyright (C) 2011-2015 気がつけば複数買い All Rights Reserved.