エロゲー感想 > 七姫コレクション Princess Collection ~美しき巨乳姫と人類最強の男~ 感想

七姫コレクション Princess Collection ~美しき巨乳姫と人類最強の男~ 感想

メーカー:<ANIM
原画:bbsacon/ティータ.J/やなせあき/なるみすずね/リャオ/ぱらボら/八月朔日珈瑠/涙目天国
シナリオ:シャア専用◎/灰田てん/高坂ヒロト

【データ】(初回起動時のみシリアルコード入力、修正パッチなし)
・ディスクレス可
・回想63枠(レーネ8、ディアナ8、ルーチェ8、マナ7、ファルカ8、イングリッド8、ホノメ8、セラ5、レーネ&ディアナ1、マナ&ホノメ1、ハーレム1)
・CG80枚(レーネ10、ディアナ10、ルーチェ10、マナ10、ファルカ10、イングリッド10、ホノメ10、セラ7、レーネ&ディアナ1、マナ&ホノメ1、ハーレム1)※差分含まず
・アニメーション16枠(セラを含む全ヒロイン2回ずつ)

【書きなぐり】◎>○>△>×
CG:○(原画家さん多数ですが余りそれを感じさせないですね、塗りのおかげかな) 
CV:○(好きな人多くて嬉しい)
シチュ:○(キャラによって方向性が決まってる)
テキスト:○(特に不満なし)

【良かった点】
①エロス
尺は普段のアニムより短め。
卑語はオマンコ・オチンチン等で無修正ではあるが、数量的には少ないというか最後の最後まで言わない。
アへ顔は殆どなし、あってもかなり軽めの描写、CG差分は各4~9枚、10枚以上は7つ、最大でハーレムの30枚。
アナルモザイクはなし。
・フェラ→連戦の時は口元にや体に精液が付着したまま
・男の尻や体を透過処理(完全な透明では有りません)
といった細かい部分は流石に老舗抜きゲーメーカーだと思う。

エロシチュは各ヒロイン毎に性癖?が用意されていてそれに沿う感じ。
※管理人の主観です、公式から抜粋した訳では有りません。
レーネ:露出羞恥
ディアナ:セックス&おっぱい
ルーチェ:スライム等ファンタジー寄り
マナ:セックス&奉仕
ファルカ:ハード寄り、アナル
イングリッド:特殊
ホノメ:ドM
セラさんは例外ということで。
基本は「チンポには勝てなかったよ・・・」というものだし、結構やり放題してるんだけど最後はイチャラブ風味。
各国皆、独自の文化を持っているのでその認識の違いとかそういうのが魅力かなー。
レーネなら「高貴なお姫様が夫に奉仕とか有り得ない辱め」なんだけどガルダ的には単純に自分が楽な態勢だから「跪いて奉仕」させるみたいな。
今までの自分の認識・考え方は違ってた・本当の自分はこうだったのか、とかね。
Hアニメーションはぬるぬる滑らかに動いていたけど、余り管理人は魅力を感じない人なので割愛。

②CV
発表時にも思いましたが製品をプレイして再確認、配役ピッタリですな。
抜きゲー的に見ても安定感有りますしね、手堅い。
木多野ありさん、やっぱり大好きだなーと。
同月発売の「駄作」は物凄い絶叫悲鳴だったみたいですが、羞恥に悶えてたり、快楽に蕩けてたりする演技が好みドンピシャなんですよね。
ちなみに担当されたレーネのお気に入りシチュは「親しい人の前で跪いてご奉仕」。
完全に露出快楽に染まりきる1つ前のシーンなので、吹っ切れてないのがイイ感じ。
もうお一方、八幡七味さん。
双子のファティマ姫も兼役されていますが、演じ分け上手かったですね。
「体に聞いてやろう、とか、この責任は体でとってもらう(ゲス顔」よろしくCGだけ見ると一番陵辱っぽく見えるものが多かったりと地味に一番ハード系でしたが、良かったです。
担当されたファルカ(ファティマ)のお気に入りシチュは「双子一緒にH」。
優しさ溢れるお姉さん「あなたを犠牲にしてごめんね」的な展開を予想してたけど・・・w
先月末からの出演作ラッシュが凄いので、来年出演本数爆発的に増えるかもしれませんね。
え、そろそろ止めとけ?スイマセン気持ち悪いのは自覚しています。

③シナリオ
一言で表すとガルダ無双
魔力は弾き、銃弾は跳ね返す、体術は無双、腹黒は見破り、結界はブチ破る・・・もう世界征服すればいいんじゃないかな!
でもガルダさん自分で自分のこと世界最強の男だとか俺様は何でもお見通しとかほぼ言わないんだよね。
俺tueeee!!主人公は、ウザイ!と思った作品もあるから、ちょっと怖かったけどホッとした。


【気になった点】
①エロス
まずはHシーンの尺ですね。
台詞が1行ちょい~2行程度、挿入or咥えてから射精まで早め。
いつものアニム作品に慣れてると短いなーと思うはず。
次に主人公の顔。
顔(目ありのみ)
レーネ0
ディアナ1
ルーチェ0
ファルカ2
マナ0
イングリッド0
ホノメ1
セラ1
7/80で約9%、まあ該当CGはどう頑張っても主人公の顔の方に目がいってしまうし、選定から漏れた数枚(ファルカ1、セラ1)は歯が存在感を示していたりもするのだが、全体の数としては管理人みたいに男の顔が映りこむのが苦手な人からみてもセーフな数値だろう。
良かった点でも触れたが主人公の後方からのアングルの時等はケツが透過処理されたり、主人公の体でヒロインの体の一部または全体が見えなくなる場合には主人公の体を透過処理するなど、そういった配慮の方に目を向けた方が良いと思う。(※完全に透明という訳では有りません)

最後にこの作品の致命傷になり得るのが「卑語の少なさ」。
全シーン通して1~2回しか言わないヒロインもいるし、そもそもゼロなヒロインもいる。
言ってくれるヒロインでも最後のHシーンのみというパターン、卑語の登場回数を全ヒロインで合算しても卑語ゲーの1シーンと戦えるかどうか。
まあホノメはキャラ的に女隠、逸物と発言するので例外としても、抜きゲーとしてちょっと寂しい。
ライターさん云々じゃなくてそういう統括指示だったんだろうけど、もう抜きゲーであなたの、ペニス、これ、アソコ、陰茎でボカすのやめませんか?



②ボリューム
メイン7人+サブ1人でヒロイン8人、回想が80個あったとしても1人頭10個+α。
1人あたり8枠は頑張った方だと思うけれど、途中のHシーン選択を0~2回挟む為1ルートに限ると初Hとエンディング入れて5シーンとかになっちゃうんだよね。
だから「え、もうエンディング!?」ってなった人がいたとしても驚かない。
でもそれが7人+α分となれば総合的にはボリューミーになるんだよね、そこが難しかった所だと思う。
調教値によって攻略失敗とかいう要素はバッサリそぎ落としても良かった。


【まとめ】
ボイスとCGのみが目当てなら当り、但し卑語スキーだとちょっと物足りないって感じでしょうか。
何だかんだストーリーも中々だったし、好きな声優さんの演技が聞けて心の満足度は高いけれど、ゲームの主目的に限れば満足したとは言い辛いかな。
考慮の余地なく駄目だしするのは卑語の少なさくらいなので、そこが平気なら割といけるんじゃないかと。


総合評価:5点
【内訳】
基本点:4点
卑語皆無:-1点
好きなシチュ・細かい拘り:+1点
CV補正:+1点

管理者にだけ表示を許可する
DigitalCute「タンテイセブン」応援中!

淫らに喘ぐ七人の夜這いする孕女
『聖騎士Melty☆Lovers』を応援しています!

puremore『契約彼女』応援バナー720×320_4


Copyright (C) 2011-2015 気がつけば複数買い All Rights Reserved.