エロゲー感想 > 父に恋した淫乱娘「彩子」 ~お父さんは誰にも渡さない~ 感想

父に恋した淫乱娘「彩子」 ~お父さんは誰にも渡さない~ 感想

メーカー:<ぱちぱちそふと黒
原画:たかとうすずのすけ
シナリオ:保田沖次朗

【データ】(ネット認証なし、修正パッチなし)
・ディスクレス可
・回想11枠(全て彩子)
・CG15枚(全て彩子)※差分含まず


【書きなぐり】◎>○>△>×
CG:○(特に不満なし) 
CV:○(独特のキャラによく合っていたと思う)
シチュ:○(構図ではなくやりとりがレア)
テキスト:○(特に不満なし)


【良かった点】
①エロス
尺は価格相応、卑語はおちんちん、まんこ、チンポ等で頻度はそれなり。
アへ顔と呼べるものは無いかな、CG差分は4~5枚。
さてさて特筆すべきは「一味違う近親相姦モノ」であることだろう。
近親系の作品は「あまあま」か「主人公が娘や妹等を押倒す」の2種類が大半だと思う。少なくとも管理人の中ではそう。
ただこの作品はひたすら娘の方から迫ってくる上に、主人公は快感に蕩かされつつも最後の方まで娘と正しい親娘関係になろうとする。
彩子のと父を好きすぎるが故の無愛想な部分と、好意を隠し切れずに台詞に出しちゃう所が新鮮だったね。
冷静に誘惑するとでも言えば伝わるだろうか、現場を見られたらいい逃れ出来ない場所・シチュを利用して抵抗を封じる様は魔性そのもの。
さあ出発しようか→断るなら私襲われたって言うよ?
まさか疲れきってる時に迫る気じゃないよな→当たり前でしょ(ぐっすり寝た後ならいいでしょ)
ならばとネカフェで時間を潰して帰宅→仕事なんて嘘、時間潰してきたんでしょ?ナースコスプレでお出迎え
素直に帰宅するしかないのか・・・→駅前でお出迎え
別居も考えて料理本みるか→人が居ない本屋ならシテもバレないよね
完全に思考を読まれてる感がしてドキドキしました、無愛想な所が余計冷静さを際立たせてる。
また、2つあるエンディングのどちらでも関係は継続するので、狂った世界をお楽しみ下さい。

②CV
そういった特殊な、彩子というキャラにピッタリでした。
ドスのきいた声だったり、激しく感情をあらわにしたりと、中々難しかったと思いまする。


【気になった点】
①エロス
台詞は1行レベルですが、主人公の台詞や状況説明も1行くらいなので価格を考慮して許容範囲。
一番気になったのは主人公の体の色ですね、血色悪そうで生きてる感がない。
ちょっとだけ顔が見えるシーンがあるのですが、オッサンには見えないなあ。
何より、主人公に告白してきた霜川さんがめっちゃタイプなので1回もエロなかったのがちょっと残念。
いや作品の空気には合わないのは分かってるけど、顔見ちゃうと欲が出ちゃう。
良く言えばスレンダー、ぶっちゃければ貧相って主人公酷いよ!w


【まとめ】
この独特の空気は一度試してみる価値あるかも。
ドSプレイがあるわけじゃないですが、娘に翻弄されてる感覚はゾクゾクしましたね。
黒ブランドの今後に期待です。


総合評価:6点
【内訳】
基本点:4点
新鮮なシチュと展開:+2点

管理者にだけ表示を許可する
DigitalCute「タンテイセブン」応援中!

淫らに喘ぐ七人の夜這いする孕女
『聖騎士Melty☆Lovers』を応援しています!

puremore『契約彼女』応援バナー720×320_4


Copyright (C) 2011-2015 気がつけば複数買い All Rights Reserved.