体験版感想 > あねよめカルテット【体験版】 感想

あねよめカルテット【体験版】 感想

プロローグ(ちょっと長め)とシーン8個(由梨奈2、桃音2、桜織2、杏2)を収録。
但し挿入に至るモノはなし、1度目はハプニング的な一幕なので実質は1人1つずつ。


【良かった点】
①エロス
尺は萌え寄りの抜きゲーとして体感で短め、卑語はナシ。
本当に挿入シーン0&各々一番最初のHシーンなので、他の要素は正直余り判断がつかない。
添い寝CGが主観でヒロインの体しか表示されないのは良かったね。

②物語鑑賞モード
製品版でも同様か判らないが、1イベント毎に登録されてリストになっている。
自由に好きな所に飛べるからイイね、ただそのイベント終了後も物語続行するから選択肢経過した後のイベントとかどういう扱いになるのか気にはなる。簡易セーブデータ集として使えるのか。

③その他
ニボシの癒され感。
な~♪とか泣き声だけで感情を伝えるのって地味に凄いと思うの。
その辺りは流石ですね、金松さん。


【気になった点】
①エロス
○Hシーンの尺。
平等に戦うという事で、「最後の一線を越えるのは主人公に選ばれた一人だけ」というルールが設けられる。
それ以外は何をしてもイイ(フェラやパイズリや素股や手コキ)とはいえ、挿入は共通部分ではお預けがほぼ確定。
速攻個別入りしない限りは、前戯だけで終わるHシーンの数がそれなりにある事を受け入れなければならない。
果たして前戯系だけでどれくらいの割合なのか、単純に尺の長さはどれくらいなのか。
軒並み体験版レベルだと、正直抜きゲーとして見るにはかなり厳しい。

○卑語関連
おちんちんすら無いか・・・こっち、局部、コウちゃんの、そこ、コウキのetc
何時もは声優さんである程度の推測するんだけど、この作品は殆どが名義変えない人(1人居るけどその方は抜きゲ寄りか否かが基準っぽいので卑語に関しては余り参考にならん)だからイマイチ判断がつかない。
ピー音修正の有無すら確認出来なかったのは正直痛い・・・まあ過去作的にガチ抜きゲーを期待するのは酷だと思う。

○Hシーン中の台詞
コウキ、コウちゃん等、主人公の名前関連のワードが散りばめられている。
あれだけ溺愛してたらそりゃ名前出すだろうと思うし、納得は出来るが個別でさらに増えることが予想される。
連呼されると実用的に厳しくなる人が出る可能性はあるんじゃないかな。

○主人公の顔
Hシーンでは目無しになるっぽいが、CGに映りこむ場面は多くなりそうだ。
これは体験版というよりも、サンプルCGやデモによる判断だが。
これがどの程度の数や面積になっているかで、実用度が個人的にはかなり上下する。

②システム(ボイス設定)
個別に設定が可能なのはメイン4名と、みなも、ニボシ、陸、その他キャラ一纏めである。
ニボシが個別設定可能なら、両親達も可能にしてくれや・・・顔だけパネルで登場だけど一応キャラデザあるんだから。
好きな声・苦手な声、両方受け入れるか両方オフにするかの選択は正直辛い。
陸自体はヒトの恋愛をアシストしようとするなど、イイ友人っぽいが登場頻度的にボイスオフ。
しようと思ってうっかりボイステスト再生したら「あ、今お前野郎の声イラネって俺の声消そうとしただろー」と流れてきました。
な ぜ わ か っ た ! ? さ て は エ ス パ ー か !
渾身の自虐ネタに不覚にも笑ってしまった。だがスマンな、ボイスオフだ。


【まとめ】
高確率で買うだろうけど、抜き的な意味では余り期待しない方が良いかなあ。あっさり風味で薄そう。
間違いなく、花菱夫妻の若かりし頃の性生活を描いた方がエロい。っていうかそれが一番見てえ!と思った。
だってあのオッサンにあの美人妻だよ・・・?何となく小梅の方がノリノリで責める側っぽいけどw
しかし他の女性キャラが全て某事務所の方でガチガチに固められている中、ドメインに起用されている御苑生メイさん凄いわ・・・そりゃ出演作ブッチギリで多い訳だよ。

管理者にだけ表示を許可する
DigitalCute「タンテイセブン」応援中!

淫らに喘ぐ七人の夜這いする孕女
『聖騎士Melty☆Lovers』を応援しています!

puremore『契約彼女』応援バナー720×320_4


Copyright (C) 2011-2015 気がつけば複数買い All Rights Reserved.