エロゲー感想 > 淫烙の巫女NTR ~蜘蛛の巣の蝶~【DL版】 感想

淫烙の巫女NTR ~蜘蛛の巣の蝶~【DL版】 感想

メーカー:<Nomad
原画:麻倉桜
シナリオ:大熊陣八

【データ】(ネット認証なし、修正パッチなし)
・ディスクレス可
・回想5枠(全て遥)
・CG5枚(全て遥)※差分含まず

備考1:攻略について
選択肢無しの1本道、エンドクレジットまで見れば自動的にコンプリート。

備考2:CGについて
今回は全て新規CG。1・2話で使用したものは有りません。


【書きなぐり】◎>○>△>×
CG:○(好みの塗り) 
CV:○(好みの声質)
シチュ:◎(最終話盛り上がるだろうなあ)
テキスト:○(特に不満なし)


【良かった点】
①エロス
シーンの尺は勿論長いとは言えないが、所謂低価格作品と同等もしくはちょい長。抜きには支障無し。
正直尺だけで見れば、負けてる2000円~3000円台の作品もあると思う。
卑語はオチンチン等で安定のP修正有り。逆に今回はかなり減った、1回も出てこない・出ても1~3個な感じ。
アへ顔は無し(極甘な基準でカウントしていいなら蕩け顔1個)、CG差分は5枚以下が1つある代わりに、他は10枚以上、20枚越えもある。
第1話「~義父の魔の手~」にて、過去に受けた快楽調教を思い出させ、疼く身体を再び嬲られてしまった遥。
第2話では陥落の下準備、「ワザと焦らしたりして、遥の方から行動を起こさせる」テクニックを使用。
この第3話では剛蔵の手練手管により陥落寸前(実質もう陥落しているが、夫である健への愛情と謝罪の念があるので)に。
今回も流れが中々に秀逸でした。
無理矢理押倒したりせず、焦らしつつ、さりげなく見せる気遣いや遥が自らの気持ちの変化に戸惑っている場面での登場などなど。
一番の見所は、(2話みたいに、夫が問題を抱えている事が発覚)剛蔵が「問題解決してやるから他の男に誠意を見せてこい(実際には行けばわかるとしか言わないが)」と遥に言う所。
既に一線を越えてしまった剛蔵相手なら何とか折り合いをつけた遥に対して、見計らったかの様に他の男を絡ませて心を折りにくる。
その後憔悴しきった後に、さりげなく現れて送迎(勿論自分は乗らない)や夕食の準備もしてあげる気遣い。
弄んではいるんだけど、遥が一応お礼を言っても「何のことだ?」でサラリと流す男っぷり。
最後は「お前についたあの男の匂いは、今夜中にワシが上書きしてやらんと気がすまん」と迫る締めも○。

総じて最後の意志決定権は剛蔵ではなく「遥」に有る所がこの作品のポイント。
ビンタ1発で諦めたりするし、本当に有無を言わせず無理矢理犯すって場面は殆どない。
そうで有るが故に行為を重ねる度に、遥には快楽と後悔・自責の念が溜まって行く・・・
まさにタイトル「淫烙の巫女NTR ~蜘蛛の巣の蝶~」通り、蜘蛛の巣に絡め取られた蝶である。
陥落1歩手前で3話は終了するので完全陥落は4話をお楽しみにといった所か。


②CV
元々好みの声質(AGの方は皆そうかも)だがイマイチ声のイメージが固まっていなかった。
丁度良い機会なのでちゃんと覚えていきたい。


【気になった点】
①エロス
ピー音修正は・・・もう良いよね。
第1・2話でもそうだったが、「主人公と遥のセックスは常に暗転+テキスト数行~10数行」「剛蔵とのセックスも一部分はテキストのみ」なのは低価格で有るが故か。
ただ今回は主人公とのセックス場面自体が少ないので気にはならないと思われる。
1・2話よりは若干短いものの、スキップ未使用なら40分~1時間くらいはかかる。
速攻Hシーン5連打みたいな造り(大催眠乱交学園系)が好みだと肩透かしを食らうかもしれない。
後、今回は剛蔵以外の男に奉仕するHシーンが1つあるのでダメなら注意。
余り関係無いけど、アナル舐め手コキ奉仕のシーン、最初はモザイク無しなのに途中でかかるんだよね。
判断基準はアレかな、舌が尻穴の中に入るか入らないかなのかな?


【まとめ】
正直、ぶらんにゅーすとあ作品ではトップクラスに気に入っているシリーズ。
それだけに、通常のPK版のミドル・フルプライスで見たかったというのが正直な所である。
最終第4話ではどんなエロスが見れるのか、楽しみにしています。


総合評価:6点
【内訳】
基本点:4点
卑語P音修正:-1点
Hシーンに拘りを感じた:+1点
価格に対する満足度:+1点
お気に入りHシーン:+1点

管理者にだけ表示を許可する
DigitalCute「タンテイセブン」応援中!

淫らに喘ぐ七人の夜這いする孕女
『聖騎士Melty☆Lovers』を応援しています!

puremore『契約彼女』応援バナー720×320_4


Copyright (C) 2011-2015 気がつけば複数買い All Rights Reserved.