エロゲー感想 > 漫喫ハプニング 感想

漫喫ハプニング 感想

メーカー:<WAFFLE
原画:まはん。
シナリオ:はやさかうたね

【データ】(ネット認証なし、修正パッチ有り)※バグ対応ではなく、機能追加パッチ
・ディスクレス可
・回想72枠(玖留々13、音那13、麗13、麻百合2、玖留々&麻百合2、彩4、紗弥香3、麗&紗弥香1、モブヒロイン15、麗&麻百合1、玖留々&音那1、音那&麗1、麗&麻百合&彩&紗弥香1、玖留々&音那&麗2)
・CG80枚(玖留々16、音那15、麗15、麻百合2、玖留々&麻百合2、彩4、紗弥香3、麗&紗弥香1、モブヒロイン15、麗&麻百合1、玖留々&音那2、音那&麗1、麗&麻百合&彩&紗弥香1、玖留々&音那&麗2)※差分含まず

備考1:ソフマップ特典について
単体起動が可能、鑑賞モード有り
CG4枚、回想4つ(全部メイン3人のスク水ハーレムH)
かなり長い一つのシーンを4分割しているが、単体で見ても本編と余り遜色は無い。
ちなみに全編アへ顔尽くしのオマケつき。

備考2:公式特典について
何時も通り、本編に追加する形。
タイトル画面に「新刊入荷しました!」のテロップと共にエロ漫画っぽいボタンが出現します。
それぞれ選ぶと、鑑賞モードにも登録される親切設計。
CGは各2枚、回想は各1つ。
此方も製品版と遜色の無い尺とアへ顔をお約束します。


【書きなぐり】◎>○>△>×
CG:◎(相変わらずのクオリティ) 
CV:○(特に不満なし)
シチュ:○(アへ顔多め)
テキスト:◎(エロイ)


【良かった点】
①エロス
尺はフルプライス相応か一部少し長め、卑語は連打系は少ないが数的には普通~多いといった所。
アへ顔はメイン・サブは大体半分のシーン、モブや複数プレイは殆どで見る事が出来る。比率的には高い。
CG差分は少々幅があるので割愛するが、大体7~10枚くらいが一番多い。
これに関してはモブヒロインも同様なので、差分1~3枚とかいう悲しいことにはならない。
アナルモザイクがかかってるのが少々残念ではある。

さて、特筆すべき点は2つ。
○卑語関連
印象的・特徴的な卑語と公式が述べていたが、概ね正しい。
おキンタマ様とかおチンポランチとかプレミアムチンポとか初めて耳にするような単語が散りばめられている。
スタンダードなものが好みなら合わないかもしれないが、これ目当てにして外すことはまず無いだろう。

○アへ顔
回想ベースで43/72と約60%というその含有率の高さもさることながら、その質もかなりのもの。
色々なレベルのものが用意されているけど、上位の方は初心者や余り好きじゃない人は引くかも。
中でもはっちゃけているのが「涼川 麗」で彼女はHシーンの殆ど全てでアへ顔という猛者。
更に言うなら、ピンポイント最新作「ケダモノ(家族)たちの住む家で」にもあった、アへ顔や股間に手を入れている立ち絵まで存在する。陥没乳首が勃起する様と豪快な舌出し描写と合わされば破壊力は抜群だ。
裏を返せば、苦手ならそれだけしつこい・くどいと思う所だが、管理人的には大いに有りである。
最近この手の質量を伴うアへ顔には余り遭遇できていないだけに、好きならば溜まらないと思う。

②その他
漫画喫茶ということで、書籍風のパッケージになっている。
また、回想モードも本棚風でシーンも書籍っぽく並んでいる。
こういう損をする人がいない演出は評価したい、見ていて面白いからね。

③その他(6/30追記)
機能追加パッチという名の「カメラワーク演出」と「時間経過による画面演出」OFFパッチ。
これを出したことは素直に嬉しいし、評価したい。
画面ブレが無くなるのと、一々黄色とオレンジの帯が流れるイライラ演出が消えるだけで相当このゲームの実用度が変わってくるからだ。
本当にストレスフリーになるので、まだの方は是非適用して欲しい。
演出で様子見だった方へ、このパッチでその部分の懸念は霧散したといえます。


【気になった点】
①エロス
モブヒロインは何れもHシーン1つだけと一期一会の扱いだが、その数が15もある。
勿論裏返せば「利点・セールスポイント」になり得るのだが、管理人の目にはちょっとリソース(今後のゲームに登場させても良いヒロイン設定)無駄遣いに映る。
社内原画家さんをゲスト的に参加させるのは資源の有効活用かもしれないが、それならあくまでオマケ扱いにするべき。
全回想に占める割合は約20%、メインヒロインの約18%より多いというこの矛盾。
「女の子ばっかり!」「女難」「ラッキースケベ」をこれで表現しようとしたんだろうけど、ちょっとね。
ヒロイン100人と1回ずつで100シーン!という作品じゃないんだからさ。

②システム
※6/30付けで機能追加パッチが公開されましたので、以下の点は解消されています。
まずは体験版でフルボッコにあった「カメラワークを多用した演出」について。
公式ブログでも告知があったとおり、軽減措置が取られている。
・・・んだが、回数自体は然程変わってないシーンもあったり。
※回数のカウント基準は ズームする→元に戻るor別の場所にズーム で2回としています。
具体的に言うと、体験版の玖留々のHシーン(№3)は製品版も体験版と同様に大体16回ぐらいカメラワークがある。
対して体験版冒頭の人妻とのH(その他№1)は製品版では回数が半分とは言わないが4割減くらい。
・頻繁にカメラワークを行うのではなく、ある程度の間をおいてから行う。
・カメラワークの速度と移動幅(顔のドアップから顔のアップという感じ)の調節
は多分やっている。スキップで流しても変化が大きいシーンなら実感出来るはず。
が、抜きに支障が全く無いのか?と質問されれば答えはNOだ。
そもそも、そういう演出が二桁行われる事自体がアレなのであってオン/オフ機能を何故搭載しなかった。
某製作者さんのブログに「製作側が見せたい演出と、ユーザー側が見たい演出に差異があった」的な文言があったが、その気持ちは理解出来なくも無い。
エロゲーの感想を書いてる身としてはそりゃ全文読んでくれたら嬉しいから、全てを見て欲しいって気持ちは多少なりとも分っているつもり。
でもね?それで作品の評価(抜きゲーなんだから、「抜きづらい」ということ)を下げては意味が無いんじゃないか?
・「VenusBlood -GAIA-」 の戦闘全スキップ機能。
・「こいなか」の最初からフル化ボタンつき。
・最近だと「淑母の疼き」にあったシーンスキップ。
これらは全て「製作者側が出来れば見て・遊んで欲しいであろう部分」に対してユーザー側に「見なくても&遊ばなくても楽しめる様に・・・」と選択権が与えられている。
使いたければ使えば良いし、俺は全てを楽しみたい!見たい!なら使わなければ良い。
これ結構勇気がいる行為だと思うんですよね。Hシーンやゲームパートは最重要ポイントであるはずなのに。
頑なに自社の演出を全面に出すのも一つの道だが、出来ればHシーン内容で強気な拘りを見せて欲しい。
ましてや今回は「体験版でフルボッコされた」という現実があるのだ、8割方の人がオフにすると分かっていてもオン/オフ機能はつけて欲しかったよ。残念。

次に、体験版でもあった「場面転換時の演出」について。
背景とか場所が変わる場合に、高確率で黄色とかオレンジの線が流れて画面全体を覆う演出が入る。
時間にしたら1~2秒程度のことではあるが、数が多ければ「またかよ・・・」となって萎える。
一応線の入り方にバリエーションがあるのだが(向きとか角度とかね)、そもそも最初から要らない。
そういうのは幕間のアイキャッチで十分だろう・・・もしくは超高速で流すとかさ。

で、この両者に共通する致命傷が
・エフェクト・ウエイトをOFFにしても無効化出来ない
・後者も極稀にHシーンにも関わってくる
の2点だ。抜きゲーの根幹を成す部分に関わるものなので、慎重に判断して頂きたい。
此処さえ問題なければ評価はグンと跳ね上がっただろうに・・・
コレに比べれば些細なことだが、クイックセーブ&ロードが無いのも少々気になる所。

③特典商法
Hシーン追加系の特典+複数店舗(公式+ソフマップ)+毎回
と該当店舗の数こそ少ないものの、管理人をイラっとさせる要素が揃っている。
「おいおい複数買いする管理人がそれを言うのか?」と思われるだろうが、「ユーザーが勝手に複数買いする」のと「メーカーが複数買いを煽る(酷いと奨励レベル)」のでは天と地ほど違う。
テレカとか布モノ、ドラマCDなら切り捨てられる人が大半だろう。
それも当然、ゲーム内容には一切関係ないから何処で買おうがゲーム本体の価値は変わらない。
っていうか、だからこそ選ぶ楽しみが生まれるんじゃないの?
が、それが抜きゲーのHシーンであったらどうだろうか?
ある人は50シーン、ある人は47シーンとかもうそれはゲーム自体の価値や評価に影響を与えてしまう。
此処のタチ悪い所は「ハーレムとか全員参加系」なんだよね。作品に興味があればあるほど欲しくなると思いません?
一応フォローしておくと、公式通販で買えば後でソフマップ特典は入手する事は可能だ。(勿論データだけだが)
だがそこそこ日数が経過してからなので、一番美味しい時に楽しめるとは言い難い。
毎回毎回やらかしてくるので、最早メーカーへの信頼は地に落ち「コレは!」という作品でない限りスルーする所まできている。
実際スルー下前作の「学園で時間よ止まれ」は以前だったら買っていた、だが現物派には実質2本購入を強いてくる商法にイライラしている現状では特攻する気になぞなれない。
仮にだ、BISHOPやninetailが好みから微妙に外れた作品をリリースしたとしよう。
苦手要素たっぷりなら流石に躊躇うが、高確率で買っているはずだ。
なぜならそういうクソみたいな商法はしてこない上に、ある程度のクオリティが半ば保証されているから。
目先の利益を追求して本来の客を逃してちゃ世話無いと個人的には思います。
こういう系統の特典を目にする度に思う、最 初 か ら 本 編 に 入 れ て お け や !と。


【まとめ】
エロ単体でなら最近のワッフルの中ではかなり良いと思う。それは間違いない。
だが、件の演出が合わない場合は実用度はゴリゴリ下がっていくだろう。
幸い機能追加パッチというなのOFF一択パッチが公開されたので、その面で心配はいらなくなった。
だが、体験版でフルボッコされたにも関わらず、あえて軽減措置で発売に踏み切った強固な意志は何処にいったのか
いや、公開してくれたのは嬉しいよ?嬉しいんだけど・・・結局発売後に折れるのなら、最初から何でカット機能つけなかったの?
オマケにどの程度軽減されたのか製品が手元に来るまで確認不可能なんだから、演出の不安だけで様子見した人絶対居ると思うよ、自分達で売上げさげてちゃ勿体無い。


総合評価:6.5点
【内訳】
基本点:4点
システム:-2点だったが、機能追加パッチ適用すればボロクソに書いた部分が丸々消えるのでノーカウントにします。
ワッフル商法:-2点(もう我慢の限界
卑語関係:+1点
アへ顔:+1点(最近余り無いからオマケ
エロへの拘り:+1点
お気に入りHシーン:+1点
面白い試み(パッケージや回想モード):+0.5点

管理者にだけ表示を許可する

DigitalCute「タンテイセブン」応援中!

淫らに喘ぐ七人の夜這いする孕女
『聖騎士Melty☆Lovers』を応援しています!

puremore『契約彼女』応援バナー720×320_4


Copyright (C) 2011-2015 気がつけば複数買い All Rights Reserved.