エロゲー感想 > 無限煉姦~恥辱にまみれし不死姫の輪舞~ 感想

無限煉姦~恥辱にまみれし不死姫の輪舞~ 感想

メーカー:<Liquid
原画:黒石りんご
シナリオ:和泉万夜

【データ】(ネット認証有り、修正パッチなし)※但し、現在は公式にて認証回避パッチを公開中
・ディスクレス可
・回想53枠(主人公17、ミルディオーム2、マリー6、主人公&マリー5、ロアナ6、プティン1、マリー&プティン2、リトル2、マリー&リトル1、主人公&マリー&プティン&リトル1、静香4、主人公&静香2、時枝4)
・CG95枚(主人公20、ミルディオーム3、マリー6、主人公&マリー4、ロアナ6、プティン1、マリー&プティン2、リトル4、マリー&リトル1、主人公&リトル1、マリー&プティン1、静香4、主人公&静香2、時枝5、その他1、非H34)※差分含まず

備考:回想とCGの内訳について
各章ごとに主人公は名前が変わります。
その為、どの時代のものであっても「主人公」としてカウントしました。


【書きなぐり】◎>○>△>×
CG:○(原画家さんって作風によってちょっと絵柄変えてるよね?) 
CV:◎(葵時緒さん)
シチュ:○(鉄の意志を持つ相手を堕とす…イイ)
テキスト:○(悲鳴とか絶叫とか印象に残ってる)


【良かった点】
①エロス
尺はフルプライス相応~ちょい長、卑語はP音修正有りで奴隷時代や陥落寸前・オネダリなどの場面では結構な数が出て来る。
アへ顔を含んだHシーン率はそれ程高くなく快楽に蕩けてというよりは、苦痛とかでリアルに白目むいてイッてしまいそうな感じ
CG差分はバラつきがあるので一概に言えないが、10枚前後が多かったかな。

エロで特筆すべき点といえばやはり「エグイプレイの数々」になるだろうか。
腹パンを筆頭に、針を乳首やクリトリスに刺したり、お薬で膨乳&フタナリ化等は複数回出てくる。
しかし一番エグイHシーンは間違いなく「四肢をもいだ状態でしゃぶらせる」。
とはいえ実用的なシーンも多いので「腐果の濡獄」に比べたら軽いもの。
一応本当に危ないラインはテキストのみだったりCGはズームインや人物等で上手く該当箇所を隠している。
だから危ないなと思ったらスキップすれば、ダメージはまず受けないだろう。
登場するヒロインは例外なく悲惨な結末(Hシーンとは限らない)を迎えるイベントが用意されている。
中でも(不老不死である主人公を除けば)ミルディオームが一番だろう、ただ彼女の場合は「自業自得」なので可哀想とは思えなかったが。

②主人公とストーリー
抜きゲーにカテゴライズされるんだろうけど、管理人的には此方の方がメインディッシュ。
自ら望んだ事(自由)が、枷となり自らを苦しめてくる(心優しい住人がいても護ってやれない)、不老不死の身体だからこそ行われる狂乱の宴。
第1章では「ただの意思を持たない(持つのをやめた)哀れな肉奴隷」。
心優しい人との出会い、凄惨な陵辱、絶望に値する展開、流した涙・・・全てが彼女の心身を成長させる糧となる。
主人公の名前、存在する時代と場所が章ごとにガラッと変わるのも良い味を出していたと思う。
(もう少しその時代っぽいHシーンとか展開があると最高だったが)
自ら剣を振るって敵を駆逐し、重要人物であるゾワボと対等に話すまで至った時、ある種の感動すら覚えた。
各時代の連携を感じるものは然程無いが、
・サブキャラ達から何か(物やスキル)を受け取っていない場合はどう足掻いてもBADエンドに至る
・ラスボス戦で今までの経験がちゃんと生きる
といった辺りは細かいな、と思いました。

しかしこれほど「幸せになって欲しい」と切に願うヒロイン(主人公でもあるが、以下ヒロイン)も珍しい。
心身共に成長し、やっと幸せになれるのかなと思いかけた時に明かされる衝撃の事実。
以下ネタバレなので白文字にしています。
もし閲覧後に作品をプレイした場合面白さが損なわれる可能性が有りますので、自己責任でお願いします。
~ここから~
ヒロインは最後の最後に残酷すぎる2択を迫られる事になる。
・今までかかわりを持ってきた人たち、今の世界の人たちの存在が消えても悪しき輪廻を終わらせるべきか。
・心が朽ち果てて迎える結末が分かっていても、ひたすら生き抜くべきか。
物語の重要キャラであるゾワボは他でもない、我々ユーザーの化身。
明言はされていないが、多分そういうことなんだろう。
先の2択はゾワボにとっても苦渋に満ちた選択なのだ、だからこそヒロインの意思に委ねている。
見方を変えれば卑怯かもしれない、でも今を生きているのはヒロイン自身であり自らの道は自らで決める権利がある。
不覚にもちょっと泣いてしまった、第5章とエピソードFineは必見。
若い身体を保持したままの不老不死って誰しも一度は妄想したことがあると思う。
でも、「死にたくても死ねない苦しみ」も有るんだな、「愛した人と添い遂げる人生の方が余程素敵」とはヒロインが自ら紡いだ台詞だが重みがあるね、その通りかもしれない。

~ここまで~
とても残酷だけど、同時に深く考えさせられる良い話を堪能出来ました。
休日一日を費やす価値があるフルプライス作品。


【気になった点】
①エロス
だから無修正にしろと常日頃言っt(ry
此処まではリキッド作品のテンプレ。
今回はそれにプラスして「ちょっとエグ味の強い陵辱」がある。
ゲームの住人達よ、不老不死のヒロイン相手だからって何しても良い訳じゃねーぞ!酷すぎて涙が出たわ。
もう少しこう快楽責めに寄ってくれても・・・それじゃ物語上の意味が薄れますね分ってます。
また第1章と第2章を除き「HシーンがBADエンド手前から連打(間に通常会話もあるけど)」される。
物語の先が早く知りたいという意味においては間延びしている印象を抱くかもしれない。
そして最後の締めである第5章が(致し方ないと思うが)Hシーンが無く一本道なのもそう思わせる一因になり得る。

②ストーリー
まずもって、心身が強くなる為の糧とはいえ悲しい出来事が多いのでピュアハートだとダメージを受けるかも。
仮にHシーンを全カットした場合、シナリオの総量はそれ程多く無い。
だからシナリオゲーとまでは言えないと思う。
また、一部サブキャラはHシーンの為に登場したんじゃ・・・?と思ってしまう者もいた。
主人公と多くの時代を生きていく、超重要人物達と比べて少しランク(扱い)に違いがあることは否めない。


【まとめ】
作中一番噴いたのは「トイレ無いの!?」と主人公が狼狽するシーン。確かにそう思うよねw
手放しで全てが褒められる訳ではないが、細かい事はどうでもよくなる良い作品。
発売日にスルーした過去の自分に説教したい気分である。
抜き的にはピー音とストーリーの分、他のお気に入り作品達と戦うには少々分が悪いが心に響くものはあった。


総合評価:8点
【内訳】
基本点:4点
卑語P音修正:-1点
声優補正:+1点(葵時緒さん大好き。ヒロインの心の成長と共に演技も変化していた。
一気読みさせてくれたシナリオ:+3点(この作品くらい最初から最後まで先が気になったのも珍しい
Hシーンへの拘り:+1点(やるならトコトンという意思を感じた
286:

結構人によって呼び方に違いが出るんですよね。僕はネージュが一番しっくりきますが。
時に2011年は個人的に、エロもシナリオもバケモノ揃いでした。euphoria、美少女万華鏡1、sisters、ユキカゼ、雨芳恋歌、グリザイアの果実、無限煉姦…。
それでもエロとストーリーを高いレベルで両立させてるように思えたのは煉姦とユーフォリアくらいでしたが。
記事書く時の再プレイで地味に感動したのは、第一章で不死後王城に忍び込む時の、衛兵とのエロ。バケモノになったネージュを人として扱って、かつ女として見たのは、あのシトくらいのように思います。ギュスターヴとのエロは女として求めるというよりは、慰めと労わりのように見えた。

2014.06.17 20:52 rex11i #MEzLz6Ts URL[EDIT]
287:>>rex11iさん

確かにどの時代の呼び名で呼べばいいのかは迷いました。結局主人公&ヒロインって形にしましたが。
刺客に念入りにトドメをさすスノウも捨てがたいんですけど、選べと言われたら舞美かなあ。

雨芳恋歌とグリザイアの果実くらいししかやってませんなあ。
前者が化け物級ということには同意しますが、後者はゴメンナサイ無理でした。
主人公にイライラしっぱなしで進めるのギブアップしたの覚えています。
そうですね、1人の人間&女として見ていたのは衛兵くらいでしょう。
後の男性キャラは微妙にどちらか又は両方が欠落している。
ゾワボとのHシーンは無くて正解かなーと今は思います。
本当に発売日にプレイしたかったな・・・まだまだ私も見る眼が無い。

2014.06.17 22:24 清流 #YOSlp5ks URL[EDIT]
288:

お初にお目にかかります。
無限煉姦の感想を彷徨って楽しく拝見させて頂きました。それにしても凄いレビュー量ですね。感服致します。
自分もグロボコ系ダメだったんですがこの作品はストーリーが良くて題名で損してるんじゃないかと思うくらいでした。
ところで公式HPにある小説で『無限煉姦 Another』はご覧になられましたか?もしまだでしたら是非おすすめ致します。

最後に、小生も主人公の葵時緒さん大好きです。なかなか好きとおっしゃる方をお見かけするのが少ないので嬉しい限りです。

2014.06.18 19:10 knock #- URL[EDIT]
289:>>knockさん

此方こそ初めまして。

まだまだ諸先輩方に比べたら若輩者です。
プレイ後だと良いタイトルだなと思えるんですが、「輪姦モノかな?ガチグロかな?」となって手を出せない人は居たかもしれませんね。
有難う御座います、クリア後に全て見てきましたよー中々深いお話でした。

「美少女万華鏡 -かつて少女だった君へ-」と「VenusBlood -GAIA-」は家宝。
出演作がもっと増えてくれることを切に願っておりまする。
私も葵時緒さん大好き!と公言されている方を見た事が無いので嬉しいです。
もし宜しければまた訪問してやって下さい、管理人が喜びますw

2014.06.19 00:34 清流 #YOSlp5ks URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
DigitalCute「タンテイセブン」応援中!

淫らに喘ぐ七人の夜這いする孕女
『聖騎士Melty☆Lovers』を応援しています!

puremore『契約彼女』応援バナー720×320_4


Copyright (C) 2011-2015 気がつけば複数買い All Rights Reserved.