エロゲー感想 > 淫妖蟲 外伝 ~水依編 囚われの章~【DL版】 感想

淫妖蟲 外伝 ~水依編 囚われの章~【DL版】 感想

メーカー:<TinkerBell
原画:あおじる
シナリオ:小峰久生

【データ】(ネット認証なし、修正パッチなし)
・ディスクレス可
・回想4枠(水依4)
・CG4枚(水依4)※差分含まず


【書きなぐり】◎>○>△>×
CG:○(当事より今の方がより好み) 
CV:○(特に不満無し)
シチュ:○(第1話よりエグさはかなり抑え目)
テキスト:○(特に不満なし)


【良かった点】
①エロス
尺は同メーカーフルプライス作品と比較しても遜色無し、卑語はおちんちんとかチンポとか。
第一話と違い、ひぎい要素は控えめで快楽が主体の為結構言ってくれる。
アへ顔は無し、CG差分は大体20枚前後、最後のシーンだけ12枚くらい。
アへ顔が無いのには第一話同様にカラクリがあって、通常ならアヘ顔を晒す所を「のけぞり」で表現しているから。
・舌出し描写
・アナルモザイクなし(何かが挿入されればかかる
・連戦タイプ
・子宮図
・浣腸
・蟲出産
フルプライスゲームの苗床ルートっぽい構成だったので、快楽責めが主体なのは管理人的に+評価。
やっぱり水依にはボテ腹が良く似合います・・・可愛い。丁重に聖母として扱われるルートも見てみたい。


【気になった点】
①エロス
だから野郎(今回は爺)のドヤ顔をHシーンに入れるなと。(第一話に続き2回目
数的には1個だが、水依の「のけぞり」と合わさるとあら不思議。
貴重なHシーンなのに映っている顔は野郎のみへと早変わりしてしまう。
これはカットインでヒロインの局部を隠して野郎3人組が画面半分を侵食してきた同メーカーの「ぜったいマジラブ!」の結菜のHシーンと同レベルで極悪だと管理人は思います。
女性作家さんや女性向けゲームなら男性を強調するのは分からんでも無いんですが、男の顔で抜く趣味は無いので。
これさえなければ、背後から(片方だけとはいえ)胸を揉む良いシーンだったのに。

②その他
価格が安いからといって手が抜かれている感じはしないし、フルプライス作品の1シーン切り出しと言われても納得する尺。
だから余り言う事は無いのだが・・・公開されているストーリーと今回深琴と武の出番が全く無いことを考えると、全員が取り込まれちゃう的展開は拝めないのかなーとそれだけが残念。
グッドエンドが凄く気になる終わり方なのもモヤモヤする。


【まとめ】
これ後日談をプラスしてパッケージ化するんかなあ・・・dlsite側が許さないと思うんだがこの終わり方は邪推してしまう。
もしくは売行きが良ければ、後日談をまたこんな感じで3連発するとか。此方の方が可能性有りそう。
個人的には第1話より好みでした、ヒロインは殆ど同じレベルで好きなんだけどね。シチュエーション的に。


総合評価:7点
基本点:4点
エロへの拘り:+1点
価格に対する満足度:+1点
お気に入りHシーン:+1点

管理者にだけ表示を許可する
DigitalCute「タンテイセブン」応援中!

淫らに喘ぐ七人の夜這いする孕女
『聖騎士Melty☆Lovers』を応援しています!

puremore『契約彼女』応援バナー720×320_4


Copyright (C) 2011-2015 気がつけば複数買い All Rights Reserved.