エロゲー感想 > えろどるっ☆ 感想

えろどるっ☆ 感想

メーカー:<ぷちぱじゃま
原画:ぎうにう
シナリオ:ふみや

【データ】(ネット認証なし、修正パッチなし)
・ディスクレス可
・回想10枠(ひめみ3、かれん2、あい2、かれん&あい1、ひめみ&かれん&あい2)
・CG10枚(ひめみ4、かれん1、あい2、かれん&あい1、ひめみ&かれん&あい2)※差分含まず

備考:攻略について
選択肢無し、エンディングを見る=コンプリートです。




【書きなぐり】◎>○>△>×
CG:◎(絵柄も塗りも好み) 
CV:○(余り当らない方々だから新鮮だった)
シチュ:○(基本は押さえてるかな)
テキスト:○(特に不満なし)


【良かった点】
①エロス
尺は価格相応、卑語はおまんこ・オチンチン等々、初っ端のシーンから言ってくれます。
アへ顔は無し、CG差分は殆どが10枚以上。
恐らくこの人の原画作品は初めてだと思うけど、CG的には気に入りました。

特筆すべきはやはり「ヒロイン」と「シチュエーション」であろうか。
3人による誘惑(愛の告白)に主人公は清清しいくらい陥落する。
それもそのはず、大した日常イベントがある訳ではないが、立ち絵だけで本能で「可愛い」と思ってしまったもの。
特殊なプレイとかは見当たらないが、完全に全裸のCGって1枚しかないんだよね。
殆ど全てがアイドルコスチューム等を着衣・半裸の状態で、アイドルモノの魅力の一つは担保されている。
まあ握手会で~とかそういう系は存在しないので、陵辱要素は無いが。


【気になった点】
①エロス
この作品の最大のウイークポイント、それはボリューム。
税込み価格約2000円でCG10枚、これは同価格帯と比較してもかなり少ない方に属する。
lilith辺りと比較するのは酷だがせめてseal並み(100円=1枚換算)は保持していて欲しかった。
フルプライスを約8000円とした場合20枚なら80枚相当と相応だが、10枚だと40枚相当になってしまうからだ。
似た様な数字で最近出た某ゲームがすったもんだしたことを考えれば、この点をスルーはし辛い。
別にCGが多ければ無制限で評価が高くなる訳ではないが、相場というか大体これくらいは望みたいラインは存在する、そして2000円を出すなら最低15~20数枚は欲しいというのはけして望み過ぎでは無いはずだ。
例に出して申し訳ないが、ピンポイント以下の数字は仮に数年前でも中々見れないと思う。

せっかく他の要素は良いのに、作品の根幹を成す部分が物足りないとモヤモヤするね。
直接的なエロで気になったのは(透明とか紐パンじゃないんだから)パンツ部分にモザイクがかかっている点。
パンツを脱いだ時とモザイクかかっている範囲は同じに見えるから、手間を省くためなのかな。

②システム
セーブ&ロードが「スロットに日時表記しかされない」例のアレ


【まとめ】
CG&キャラも良いし声優さんも頑張ってたと思う、良い部分が多いんだけど肝心要のボリュームが少ないという何とも評価し辛いタイプ。
CG10枚+ヒロイン3人で当たりシーンを引く確率は相当低いと言わざるをえない。
「ぷにつま」とかは極端に数が少ない訳じゃなかったはずだから、ブランド固有の特色という訳では無かろう?
関係ないけど、パッケージはトールケースで良かったと思います。

総合評価:5

管理者にだけ表示を許可する

DigitalCute「タンテイセブン」応援中!

淫らに喘ぐ七人の夜這いする孕女
『聖騎士Melty☆Lovers』を応援しています!

puremore『契約彼女』応援バナー720×320_4


Copyright (C) 2011-2015 気がつけば複数買い All Rights Reserved.