エロゲー感想 > 常夏姉妹サンド 感想

常夏姉妹サンド 感想

メーカー:<アトリエかぐや TEAM Gassa-Q
原画:mero
シナリオ:双海悠/華田久作/他

【データ】(ネット認証なし、修正パッチなし)
・ディスクレス可
・回想68枠(栞15、理緒15、涼乃15、藍里14、カーマ4、ハーレム5)
・CG86枚(栞19、理緒21、涼乃19、藍里18、カーマ4、ハーレム5)※差分含まず
【書きなぐり】◎>○>△>×
CG:○(より良くなった) 
CV:○(とても手堅い)
シチュ:○(舞台が整ったら舞う(セクロスする)しかないよね!)
テキスト:○(特に不満なし)


【良かった点】
①エロス
尺は普通~一部の連戦シーンでは少し長い、卑語はP音修正有りでレベルもおちんちん・おまんこ等で頻度に関しても前作などから特別に変化はしていない。
アへ顔はなく、CG差分は一部の5枚前後のCGを抜かせば大体8~12枚くらい。

特筆すべきは前作に同じく「妹達との超あまあまなセックスライフ」であろう。
主人公とエロイことをして魔力を生成しないと帰れないからね、仕方ないよね////
・自分とだけ魔力生成をして欲しいという独占欲
・自分以外とHなことをしたことに対する嫉妬
・お兄ちゃんの為ならどんなHなことでも・・・という健気さ
・時折挟まれるヒロインの心情台詞や日常会話、プレイ内容が愛情たっぷり
と前作に同じく全てが合わさってとても興奮させてくれました。
その他にも
・舌出し描写
全部じゃないし、軽いものもあるけれど有るだけでも嬉しい。
・要所では連戦H
特に理緒はやたら多いなとプレイ中に思ったけど、数字で見ると一目瞭然。
最初から100%自分の感情を表に出し且つ積極的だったから当然か。
・ロリ化やアナル舐めなど変態プレイ完備
主に裏ルートでのものだが、一部で話題になった「我慢汁を鼻で吸う」だけじゃないよ。
しかし緊縛や拘束が拝めるとは思わなかった。
勿論描写的には惜しい部分(解いてHしたり、一寸ゆるそうだったり)も多々あったのだが・・・それでも縄の跡はちゃんと残っていたりと「適当にMっぽいシチュ入れとけばいいっしょ」という感じは無いかな。
この作品に求められているであろうモノを堅実に盛り込んだ感じだね。
イチャラブの海で存分に溺れるといいよ!

②ヒロイン
何時でも何処でもドストレートに求愛してくる妹達の可愛さったらもう。
私で興奮してくれて嬉しいな♪←これが全て。
藍里と涼乃も勿論良かったけど、前作の南海と同じ香りがする理緒が一番好み。

③物語
前作と同じ世界&時間軸の物語だった模様。
前作ヒロインの天笠南海→理緒の同級生でフットサルのライバル、制服もちゃんと同じ。
せっちゃん(前作ヒロインの刹那)→藍理の同級生、「夏の予定を全キャンセルされた、彼氏出来たのかなー」by藍里
こういう繋がりがある事をほのめかす小ネタは嬉しいね、知らなくても全く問題ないし。
でもいつか合体スピンオフとか出ないかなあ。
会話のテンポも一つ一つの日常イベントの短さも良い具合だ。

④その他
・タイトルを含めたBGMがとてもノリが良くてイイネ。
・前作に引き続いて純愛・肉欲(管理人がそう呼んでるだけです)の2ルート制。
・インドアな藍里は移動先がほぼホテル一択だったり、細かい。


【気になった点】
①エロス
・少々モザイクが粗い(前作より多少マシ
・P音修正
くらいしかいう事はない。

②ヒロイン
栞が好みな人には大変申し訳ないが物申したい。(以下の台詞は多少改変してあります)
「淫靡な空気に流されずに、正気に戻ってみんな」
「(妹達が兄を誘惑する姿をみて)何をしてるのかな?かな?(怒)」
「魔力生成も私とだけにしておけば、妹ー兄がくっつくという世間的にアレなことにならなくてすんだのに」
「私がもっと2人を見ておけば・・・はあー・・・」
「2人とも今日はセクロスやめておきなさい。清く正しくない所を私に見せたから」
「私が身体をもって2人を正しい道に導いてあげるわ」
唯一の社会人ヒロインとしての台詞だし、殆どは姉らしいフォローや単純にバカップルぶりにあてられてという側面もある。
だけど、じゃあ大前提として姉と弟はセクロスしてもオッケーなの?
魔力生成の為ということなら妹達と立場は同じではずだし、それ以上の仲になった時の障害云々についても同様。
その自己犠牲精神や妹を守るという使命感に燃える姿は当の妹達からしたら「恋のライバルなら兎も角、自分だけ尤もらしい理由でお兄ちゃんを独占しようとか何を言ってるのお姉ちゃん・・・折角のチャンスを!」ってなるでしょ。
そして妹達の危惧した通り、そのまま恋愛に発展して肉欲三昧生活&独占欲丸出しでメインヒロイン4人中で唯一ボテ腹を披露しちゃう栞には、他ルートでの台詞に説得力が全く無い。
管理人は本心を偽るキャラ(エロに興味ない系の主人公含む)が男女問わず苦手。栞だって主人公の事好きなんだからさ。常識人にしなくて良いと思う。
最初から素直に好意をぶつけてきて、近親云々で(程度はヒロインによるけど)悩むのは個別ルートに入った後の終始ブレない妹達の方が百万倍可愛い。
栞の1枠はハーレムルートでのH、ハーレムルートでは前述のシーンを除く5シーン中登場は2シーン(他3人は4シーン)な辺り製作側も絡ませ辛かったんじゃないかな。
栞ルートでの妹(理緒達の嫉妬台詞や現実逃避でイッてる姿)はとても美味しかったけど。

③物語
キャラ選択が出来る様になるまで(体験版の範囲)が長いためか、「たまはじ!」より短く感じる。


【まとめ】
前作に引き続きプレイ中・コンプ後の心地よさがとても優秀。
「たまはじ!」が肌に合った人にはオススメ、高確率で満足出来ると思う。
このブランドはこういう路線でいくのかな、絵も塗りも処女作とは雲泥の差だと思うし次回作にも期待したい。

総合評価:7

管理者にだけ表示を許可する

DigitalCute「タンテイセブン」応援中!

淫らに喘ぐ七人の夜這いする孕女
『聖騎士Melty☆Lovers』を応援しています!

puremore『契約彼女』応援バナー720×320_4


Copyright (C) 2011-2015 気がつけば複数買い All Rights Reserved.