エロゲー感想 > 憑依変身エクストラソウルズ 感想

憑依変身エクストラソウルズ 感想

メーカー:<STUDIO邪恋 Megaera
原画:YUKIRIN
シナリオ:assault

【データ】(ネット認証なし、修正パッチなし)
・ディスクレス可
・回想75枠(ダリア24、彩20、真衣18、香奈実1、桂乃2、杏子2、変身8)
・CG87枚(ダリア25、彩21、真衣18、香奈実1、桂乃2、杏子2、非エロ8、変身10)※差分含まず

備考:カウントについて
キャラ別ソートは有りませんが、公式が順番に並べてくれているのでそれに準じました。
なので個別の一部が3P、4Pだったりします。


【書きなぐり】◎>○>△>×
CG:○(特に不満無し) 
CV:○(中々新鮮味の有るキャスト)
シチュ:○(憑依という新しいスタイル)
テキスト:○(特に不満なし)


【良かった点】
①エロス
尺はフルプライス相応と言いたいがシーンによってはそれより若干短い、卑語はアソコ程度且つ殆ど出てこない
アへ顔の代わりにレイ○眼+蕩け顔といった感じ、CG差分は中外差分を抜かせば大体6~8枚ほど。
ダリア一極集中を予想していた方は多いと思うけど、キャラ別の格差は無いかな。此処は素直に褒めるべき。

さて特筆すべきはやはり「シチュエーションの多様さ」
まず3人とも強い意志でちゃんと抵抗して容易に屈服はしない。
苦痛・快楽・羞恥の3種類がバランスよく備わっているし、VS人間、大事な人や仲間の前(一緒に)でといった特殊なものも花を添える。
さらに本作品は「憑依」がテーマとなっていて、最初は憑依されている間の感覚や記憶は無いが、段々と理解していく→自らも変身が可能になる→ズタボロに犯されて段々快楽や屈辱を植えつけられていく。といった様に段階を踏んで絶望の未来へと進むヒロイン達の姿が楽しめる。
一つアクセントになるのが「ダメージ」。
犯されると服はボロボロの上に精液がかかった状態の立ち絵が見れる、そしてHシーンでは破れた(又はガイスト達が破く)コスチュームや服装が(一部例外を除いて)徹底されており、敗北やレイ○を盛り上げてくれた。
負けて犯されているのに服が綺麗なままなのはちょっと違和感が有るから、これは細かい所に気を配っていると思う。

他に重要な点としては「物語の長さ」が挙げられる。
普段の日常シーンもかなり長いが、更にエンディングだなーと思ったらまだまだ続くといったパターンが多く、数字以上にボリューミー。
色んな人との絡みや戦闘を通じての変身ヒロイン達の絆を描こうと製作者の熱意は十分感じられた。


【気になった点】
①エロス
苦痛責め含めた全編とは言わないけど、せめてヒロインにオネダリさせるシーンくらいは卑語増量で良いと思うんだ。
ヒロインが完全に堕ちるシーンが皆無(それ自体は裏返せば利点になるけど)なので余計にそう思う。
まあ彩(と真衣?)の中の人的にNGワードなのかもしれないけど(ピー音連打されるくらいなら此方の方がまだマシ)。
日常のやり取りは物語に深みを持たせる為に絶対に必要だけど、単調でテンポが悪いと感じても致し方ない。
いやエロシーン以外の部分が本当に長いんだ、やれば分かる。


【まとめ】
そういえば彩は桜、真衣は花純(いずれも同月発売の「らぶらぶらいふ」のヒロイン)と中の人同じなんだよね。
声優さんて凄いなーといつも思います、好きな人の声は脳内再生余裕でも余す所無く聞きたいね。
回想だけパッとみた場合は恐らく然程じゃーない、物語を進めた上で楽しむべき作品なので頑張って下さい。


総合評価:6

管理者にだけ表示を許可する

DigitalCute「タンテイセブン」応援中!

淫らに喘ぐ七人の夜這いする孕女
『聖騎士Melty☆Lovers』を応援しています!

puremore『契約彼女』応援バナー720×320_4


Copyright (C) 2011-2015 気がつけば複数買い All Rights Reserved.