エロゲー感想 > 鬼の惑星 感想

鬼の惑星 感想

メーカー:<ONEONE1
原画:よんたろう
シナリオ:たけひで

【データ】(ネット認証なし、修正パッチなし)
・ディスクレス可
・回想31枠(全て桃)
・CG20枚(全て桃)※差分含まず


【書きなぐり】◎>○>△>×
CG:○(アへ顔描きなれてます) 
CV:○(もはや固定化された感が)
シチュ:○(ハード)
テキスト:○(特に不満なし)


【良かった点】
①エロス
尺は価格相応(一部連続したシーン除く)、卑語はおまんこ&チンポが乱舞。
アへ顔が出てこないHCGは皆無、CG差分は1~3枚のモノ以外は10枚オーバー。

「ハード(変態)なプレイでアへりまくる桃」がこのソフトの全て。
初っ端からオナニーする全身性感帯のヒロイン…この娘の未来がこの一文だけで見える方も多いはずw
死んでもおかしく無い程の快楽を享受し続けるそのタフさには驚きだ。
乳首まんこ、フィストファック、肥大化クリトリス責め、出産時に赤子と一緒に飛び出てくるアレetc、鬼達によるハードで変態すぎるシチュエーションの数々が待っている。
前半の「鬼の仔の出産に耐え得る子宮を作るためのトレーニングという名の改造」途中で速攻堕ちるのだが当然だと思える。
快楽に素直になった後のはっちゃけっぷりは必見だ。


【気になった点】
①エロス
前述の出産トレーニングや一部シーンを除いて、輪姦及び複数人登場系が結構な割合を占める。
サシの勝負がお好みの方は承知した上で検討して欲しい。


【まとめ】
何故か途中からイイ話になってハッピーエンド風味で〆くくられるので読後感は良い。
どの色の鬼の嗜好をメインして欲しかったかで評価は多少上下すると思うが、アへ顔や卑語が好きな人には概ね満足のいくレベルになっていると思う。(管理人的には人体改造系の青鬼さんをメインにして欲しかった)
ここの作品を買う人は割とディープな人が多いと思うが、過去作と比較しても遜色は無い。


総合評価:6

管理者にだけ表示を許可する

DigitalCute「タンテイセブン」応援中!

淫らに喘ぐ七人の夜這いする孕女
『聖騎士Melty☆Lovers』を応援しています!

puremore『契約彼女』応援バナー720×320_4


Copyright (C) 2011-2015 気がつけば複数買い All Rights Reserved.