エロゲー感想 > モンスターズ・レイド ~魔に堕ちる姫騎士~ 感想

モンスターズ・レイド ~魔に堕ちる姫騎士~ 感想

メーカー:<Lusterise
原画:inoino/くまっち/高瀬むぅ
シナリオ:上田ながの/すまっしゅぱんだ

【データ】(ネット認証なし、修正パッチなし)
・ディスクレス可
・回想80枠(セリカ20、メイ6、プリシラ7、ティナ13、トリーシャ3、ラナ9、ルナ3、セシル4、カーラ4、セリカ&プリシラ3、ティナ&トリーシャ4、ラナ&ルナ4)
・CG80枚(配分は回想と同じ)※差分含まず


備考:製品版同梱短編集について。
5話製作した短編集のラスト1個。
本編とは別起動で対象キャラは「カーラ」。回想3枠、CG3枚。
その他仕様は当然だが他4話と同様。

DMMにてDL販売中の短編集に関してはこちらからどうぞ。

【書きなぐり】◎>○>△>×
CG:○(特に不満なし) 
CV:○(中々新鮮でイイネ)
シチュ:○(やっぱり快楽がナンバーワン)
テキスト:○(特に不満なし)


【良かった点】
①エロス
ストーリー前半は若干尺が若干短め、後半は普通といった印象。
卑語はピー音有りで頻度は1シーンごとに1桁くらい。
卑語連打よりは「んほおおお」的な喘ぎ中心な感じですかね、正解だと思います。
シチュは触手を含めた魔物相手が大半、アへ顔もシーンによっては有ります。

特筆すべき点は、出産(産卵も含む)系が質量ともに充実していることだろう。
モザイク無しで二ケタ近い数を揃えている。
特異なモノは余り無いがシーン数が多いので、ツボに嵌るシチュが含まれている確率は高い。


【気になった点】
①エロス
・堕ちるのが早い
これはストーリー構成の影響が多大で、具体的には以下の通り。
ヒロインAに手を出すカーラ→ヒロインBに手を出すカーラ→ヒロインCに手を出すカーラ。(当然カーラが敗北する。順不同)
そして最後にラスボスの魔王様がヒロイン全員を手篭めにしていくって流れ。
間違った選択肢を選ぶと即BADが前半部分、大体1つのBADに2シーンほど有りちょっと耐えるか堕ちかけ→チン○には勝てなかったよ的な〆。
後半部分でようやく1回犯されたくらいじゃまだ諦めずに頑張るヒロインの姿を見ることが出来る。
管理人はエロけりゃイイので問題ないが、じっくり腰をすえて調教したい人には余り向いていない。


・悪堕ち
先に堕とされちゃったサブorメインが他のサブorメインを犯す展開が少ない。
単純に堕ちるのが早い+他勢力との繋がりが皆無なので、、Hシーンで沢山絡ませなくても良くなってるんだよね。※厳密にカウントすれば5個くらいか
管理人的には、「信じていた人に裏切られて犯される」ってシチュにとても興奮するので入れて欲しかったな。
キャラ数が多いという点を生かせるポイントだと思うのだが。


・ハーレム関係。
何で無いん…?複数プレイが有るのは主従や身内等の関係が有るキャラだけ。
此処もキャラ数の多さを生かせるポイントだと思うのだが。「貴女がすでに魔王に堕とされていたなんて…」みたいな。
ババーンと全員堕としてやったぜ!ぐへへ的なシーンは実用度に関わらず欲しいなあ。
それを最後に見て物語を〆られれば最高に気分が良くなれる。


・ピー音
何度言ったら(ry


【まとめ】
細かなツッコミ所は有れど、快楽堕ちスキーな管理人的には当りでした。
抜けないキャラが少なかったのも良かったです。


総合評価:7

管理者にだけ表示を許可する

DigitalCute「タンテイセブン」応援中!

淫らに喘ぐ七人の夜這いする孕女
『聖騎士Melty☆Lovers』を応援しています!

puremore『契約彼女』応援バナー720×320_4


Copyright (C) 2011-2015 気がつけば複数買い All Rights Reserved.