エロゲー感想 > GEARS of DRAGOON ~迷宮のウロボロス~ 感想

GEARS of DRAGOON ~迷宮のウロボロス~ 感想


メーカー:<ninetail
原画:金目鯛ぴんく
シナリオ:内山涼介/青木きりん/け~まる/和人


【データ】(ネット認証なし、修正パッチ有り)
・ディスクレス可
・回想54枠(フィリア8、エレン6、シータ6、ステラ5、ルーチェ4、ジル5、シズナ6、ジャスミン3、
アルマ2、カウラ3、弥勒3、マリア2、その他1)※ゲーム内ギャラリーの分け方に準じます。
・CG95枚※差分含まず



【書きなぐり】◎>○>△>×
CG:○(フェルシスよりは万人受け) 
CV:○()
シチュ:○(ハサン無双)
テキスト:△(○○、~○○みたいに同じ単語が続きすぎかも)


【良かった点】
①エロス
カオスルートで登場する商人ハサン、彼の活躍無しでは語れない。
家族を護る物語なので、主人公が手を出せないフィリア・ステラ・シータ・エレンを陵辱するおにちく。
体験版範囲である、マリアが盗賊に襲われる!→エロ無し シズナが触手に!→エロ無し
でも分かる通り、抜きゲーとは呼べないので質量ともに過大な期待はしないのが吉。


②ゲーム部分
・体験版からの修正(マッピングし易く、採掘ポイントを全て表示、隠し通路が通常と色違いetc)
・相性度(好感度)で戦闘開始時の台詞が変化
・カオスで力を得ると、主人公の顔つきと戦闘開始時の台詞も変化
・HP&MP全回復+効能(と食べた反応)の料理システムが楽しい
・アサルトチェインを使えば、無理ゲーに見える敵を屠れる
・一見詰んだと思っても、工夫すればレベル上げごり押しじゃなくとも倒せる。
・過去作のアイテムも有り、装備収集が楽しい。
・悪夢を見せられるイベントで、必須メンバー以外も台詞が個別に用意されるなど細かい
・魔石&耐性の大切さ、アサルトチェインの大切さを段々と叩き込まれるクエスト構成で良い。
・オート戦闘で余裕をかましているプレイヤーに活を入れる栗さんと石さん。
・スキル変更が無限に可能でやり直しが効く。


【気になった点】
①ストーリー(テキストも)部分
・(カオスは特に)キャラの離脱が激しすぎる
一切の離脱を無くせというのは暴論だが、もう少し頑張って欲しかった。
・ロウ、カオス共にスカッとしない
2大組織がもれなくマジキチ思考で自分達を正当化しすぎ&話が重い。
一般人もある程度は仕方がないとはいえ扇動されると自分達以外は皆殺し思考だから、「家族」と言う主人公側がどうしても浮いてしまう。
竜秘玉を見つける為にどちらの組織の手を借りるかで分岐とか。
ロウなら冒険しまくってお金を稼いで(竜秘玉はその過程で見つかる)ステラを救って、目覚めたドラゴンに挑むとか。
カオスなら単に人類滅ぼすぜヒャッハー!するとか、だったら大分印象違うと思うんだよね。


②キャラクター
・コミュニティイベントが少ない(もっとあればキャラにも愛着が沸くし、掘り下げられたはず)・一部キャラが尖りすぎ
ルーチェ(ジルも似ているが思考と口調の面で違いがある):言ってる事は理解出来なくもない。
しかし常に敵意満々&上から目線で喋る&後日の;謝罪無しなのが厳しい。
同様に疑っていた市長は監視に留めていたはずなのにシータは即抹殺の違いは何処にあるんだろうか。
エレン:最後まで秘石の情報を隠し、ステラを犠牲にすることも承知の上のはずなのに命に関して他人に説教をするのは如何なものか。
多くのキャラが重いトラウマや過去を持っていて、手遅れになるまで明かさない&自己犠牲博愛精神だから感情移入の面でネック。
癒し枠のアルマ&ジャスミン、ヒロイン枠のシータ、エロ枠のシズナ、ブレない弥勒とカウラはそういう意味では一貫していて好感が持てる。
主人公?パーティー強制参加で辛いです。


③ゲーム部分
・性能はさておき、そもそもギア素材が入手し辛いのでギアカスタムが空気気味。
・10T越えの長期戦にはほぼならないので、アサルトチェイン頼みになりがち。
・クエスト関係なく、探索に行けたら良かったかな。大抵はボス倒したら拠点に戻るので。
・ギルド倉庫でもアイテム性能が見れたり、アイテム図鑑的なページがあるともっと良かった。


【まとめ】
装備収集や吟味はこれからじっくり行いますが、ゲーム部分は大満足。
それだけにストーリーに感情移入が余り出来なかったのが残念でならない・・・。


管理者にだけ表示を許可する

DigitalCute「タンテイセブン」応援中!

淫らに喘ぐ七人の夜這いする孕女
『聖騎士Melty☆Lovers』を応援しています!

puremore『契約彼女』応援バナー720×320_4


Copyright (C) 2011-2015 気がつけば複数買い All Rights Reserved.