エロゲー感想 > 闇姫煉辱 ~終わらない正欺の鉄槌~ 感想

闇姫煉辱 ~終わらない正欺の鉄槌~ 感想

メーカー:<NEGALION
原画:無望菜志
シナリオ:玉沢円

【データ】(ネット認証なし、修正パッチ有)
・ディスクレス可
・回想21枠(ミヅチ8、清姫7、その他6)
・CG20枚※差分含まず(ミヅチ12、清姫7、ナーガ1)

【書きなぐり】◎>○>△>×
CG:○(塗りもまあまあ、蕩けた表情がとてもそそる) 
CV:○(抜きゲー常連ですし全く問題ない)
シチュ:◎(拘束おいしいです)
テキスト:○(特に不満無し)


【良かった点】
①展開が速い
低価格故だろうけど清姫とミヅチ以下、両勢力戦闘全カットは潔い
というより導入部分を数分で終わらせ、Hシーン連打といった方が正しいか。


②エロス
尺も普通レベルはあるし、この価格帯ならとても優秀。
が、本作の特筆すべき点は「拘束シーン率」と「最後の最後まで完堕ちしない」の2点だと思う。
全回想における拘束系の率は15/20(ミヅチ8、清姫6、ナーガ1)圧倒的である。
そもそもシーン数が少ないだろうというツッコミは置いておいて、
END直前(またはEND)まで抵抗し、ギリギリで踏みとどまっていたが最後に心を折られる姿が実にエロい。


【気になった点】
①透過率変更が出来ない
画面が小さい+1ワードに対してメッセージウィンドウが大きい(全体の1/3より少し少ない程度)
薄い靄がかかる程度だけど枠が黒線に赤囲いなので目立つ。


②回想モードだとコンフィグ系の表示が全て消える。
「見やすくする配慮かな?」と思いますがオートのコマンドも消えるから困りもの。
他作品のreadmeファイル何個か見て試したけどショートカットキーは発見出来ず。
オート派の人はお気に入りシーンでセーブ作っておいた方が楽。


【まとめ】
パッと見は変身ヒロインっぽいけど、そっち方面は期待してはいけない。
尋問や拘束といったワードに惹かれるなら良いと思う。
システム面と個人的嗜好(ロリ寄り&貧乳)が-ですが、エロ方面に限れば優秀。
特に、機械でミヅチを拘束して快楽責め(二穴バイブ&くすぐり)→清姫との絡み→見世物ENDの流れが凄くいい。

余談:タイトル、ダークプリンセスミヅチってついてるけど公式以下どのサイトでも忘れられてるよね。

総合評価:7


管理者にだけ表示を許可する

DigitalCute「タンテイセブン」応援中!

淫らに喘ぐ七人の夜這いする孕女
『聖騎士Melty☆Lovers』を応援しています!

puremore『契約彼女』応援バナー720×320_4


Copyright (C) 2011-2015 気がつけば複数買い All Rights Reserved.