エロゲー感想 > WEDDING BLUE  感想

WEDDING BLUE  感想

メーカー:<LiLiM
原画:黒田晶見
シナリオ:坂元星日


【データ】(ネット認証なし、修正パッチなし)
・ディスクレス可(初回起動時チェック有)
・回想23枠(オール比奈で、対主人公5兄貴5上司6新聞屋7
・CG40枚(差分含まず)

以下若干のネタバレを含みます。

【書きなぐり】◎>○>△>×
CG:◎(素晴らしい) 
CV:○(いちちんの安定感)
シチュ:○(若妻・新妻系好きなんで)
テキスト:×(余り気にしない私だけど流石に)



【良かった点】
①描写
知り合ってからの現在までの経緯をサラッとでも入れているし、主人公が比奈をかまってあげないとすれ違いが大きくなって寝取られるという流れもある意味リアルで納得。序盤の比奈はそりゃ良い女に見えるよ?でも本性を隠し通すスキル半端ない。


②エロス
絵は流石の黒田晶見先生、文句なし。尺も割りと長目なので、後述するテキスト面が普通だったなら良い仕上がり。



③既存の枠を飛び越えた
これはNTRゲームでは無いと思う。何故なら「他キャラが寝取る」でもなく、「主人公が寝取らせる」でもない。
新ジャンル:「ヒロインが自分から寝取られ(二股・浮気)にいく」ビッチ最高!ゲーム誕生の瞬間である。
というか比奈自身がゲーム内で「自分が凄くズルくて淫らな女だと気がついた」と言ってるので。
ビッチヒロイン自体は好きですから、この点は逆に加点対象。ありきたりのNTRに飽きてる人には新しい扉が開けるかも。



【気になった点】
①主人公とか
兄貴と比奈曰く、主人公はすぐ疑う思考の持ち主らしい。
これは寝取られる前に対処出来るな!…しかし自分が愛されてなかったから意味が無いね。
一番アレなのは喧嘩するシーンの下記のやりとり(分岐直前くらいかな)
比奈「…今日は実家に泊まる」:出先
主人公「俺が実家に帰るからお前がこの家に帰れよ」:在宅
おい待てw何故そうなったのか詳しく教えてくれ。



②システム
「透過率変更不可」3段階でも良いから変えさせて…濃すぎる訳じゃ無いけどCGが見たいんだよ。
他は最低限備わってるので、願望です。



③テキスト
本作最大のマイナスポイントにして致命傷になり得る。体験版でその片鱗は見せてはいましたが。
ヒロインが終始、今の状態を実況し(激しい、奥までズブズブ)同台詞内でほぼ同じ単語が複数回登場(溢れて~中略~溢れてくる/一つに~中略~もっと一つにetc)一番多いのは胸~×6かな?
嫌でも意識してしまうレベルだが、一度これを意識してしまうと以降はそれに気をとられて、かなり実用度が落ちる。
一つだけフォローするなら台詞の中に「気持ちいい」が入ってる確率が結構高いのでその単語が好きな人なら…



④展開
これを発売前に予見出来た人は居ないと断言できる。超展開自体は面白いから良いけど。
逆に定番が殆ど無かった(弱み握るとか、超絶テクニックとか)ので新鮮といえば新鮮。



【まとめ】
少なくとも公式ジャンルの「略奪され堕とされていく」という看板は取り下げようか。比奈さんマジビッチ。
ビッチ万歳ゲーor黒田晶見さんのエロボイス付CG集としてどうぞ。 それ以外に過度な期待すると厳しい。
新鮮な感覚でそこそこ楽しめたけど、粗の方が目に付いちゃうので評価としては低め。
けして兄貴に8周もさせられたからではないw ちなみに周回自体はスキップで10分もかかりません。

総合評価:5


管理者にだけ表示を許可する

DigitalCute「タンテイセブン」応援中!

淫らに喘ぐ七人の夜這いする孕女
『聖騎士Melty☆Lovers』を応援しています!

puremore『契約彼女』応援バナー720×320_4


Copyright (C) 2011-2015 気がつけば複数買い All Rights Reserved.