エロゲー感想 > 想聖天使クロスエモーション外伝2 もう一人のクロスデザイア編 感想

想聖天使クロスエモーション外伝2 もう一人のクロスデザイア編 感想

メーカー・サークル:<TOUCHABLE
原画:スミスミ
シナリオ:ADU

【データ】(ネット認証なし、修正パッチなし)
・ディスクレス可
・回想6枠(エンジェライト&ラピスラズリ5、ラピスラズリ変身ムービー1)
・CG5枚(エンジェライト&ラピスラズリ5)

※2017年4月1日現在、低価格のスピンオフや外伝をメインに取り扱うブランニューストアと呼ばれるカテゴリーのDLsite独占販売。

【良かった点】
①エロ
尺は外伝1と同様、価格は抑え目だがそれなりの長さがある。
卑語はオチンポ、オマンコ、チンポ、おちんぽ等、外伝1とは異なる展開なので使用回数は比較的多め。
アへ顔は軽いものが少々、CG差分は5~7枚、アナルモザイクは多分アリ、BGVあり(喘ぎ声、今回はフェラする場面があるのでちゅぱ音も)。


〇戦闘システム
※外伝1のver1.03以降からセーブデータの引継ぎが可能になりました。(恐らく本作品のセーブデータも外伝3で使えるはず)
敵から受ける状態異常を放置しているとあっという間に敗北(欲情させられて絶頂敗北か体力切れかは経過次第)となるバランスは共通。
その状態異常も衣服ダメージ、触手拘束(口)、恐怖、羞恥、粘液、発情等、敵によって色々と用意されている。
立ち絵:コスチュームが破れたり、お口に触手がつっこまれたり、目がハートになったり
台詞:状態異常付与の攻撃を受けた時「精液がいっぱい…粘ついてとれない」→行動選択前「粘液のせいで動きが鈍る…!」
こんな感じで、目でも耳でも今のヒロインの状況を感じる事ができる。
わざと状態異常を受けてみたりして、「こんな相手に負けてしまうの…?」と悶えるヒロインを眺めてニヤニヤするのがとても楽しいのだ。

戦闘している時間そのものは長くはない(意図的に狙わない限り数十ターンもかかることはない)し、攻略難易度的には優しいので安心して欲しい。
また、敗北したらそのまま再戦か経験値取得モードで鍛えにいくか選択が可能です。


〇シチュエーション
今回は責める側(エンジェライト)がご主人様によって悪堕ちに導かれている状態からスタートするので、卑語は外伝1と比較して明らかに増えた。
元来の性格はそのままにノリノリでラピスラズリを責めるのだからたまらない。(痛めつける系じゃなくて快楽責めなのも私好み)
エンジェライトを救おうと奮闘を続ける中、あの時助けてくれなかった、皆は私たちが負けていてもそれを楽しんでる節がある、とブラックな事を言われる度に(自覚あるからこそ)揺らぎ、いざ悪堕ち前にけじめとして謝罪するラピスラズリが可愛い
最後のシーンではご主人様のオチンポを欲しがり、クズ市民に対して「二人とも死刑です」と宣告する姿が楽しめるので(唯一のフェラを含むシーンでもある)回想数は少ないながらも良い締めだったと思う。藤堂みさきさんやはり上手いし好き。
本編をプレイ済で、彼女のこういったHシーンをもっと見たかったという方には刺さるんじゃないかな。



【気になった点】
①エロ
個人的なNGも此処をもう少し…といった部分も特に無い。
それでも強いて言うなら、サンプルCGを余りじっくり見ない方が(全5枚中、3枚が掲載されているので)良さそう、ということくらい。
元となっているのが(フルプライス寄りの)ミドルプライスの作品ですし、価格が抑え目だからといってHシーンが極端に短くなった訳でもないので。
後は自分が好きなプレイがあるかどうか、という受け手側の問題かなと。


【まとめ】
外伝1も良かったけど、やっぱり完堕ちには特別なエロさがあります。本編未プレイでも問題なく楽しめる。
公式HPで第3話のタイトルとかも見られますし、配信日が楽しみですね。


管理者にだけ表示を許可する

淫らに喘ぐ七人の夜這いする孕女
『聖騎士Melty☆Lovers』を応援しています!

puremore『契約彼女』応援バナー720×320_4


Copyright (C) 2011-2015 気がつけば複数買い All Rights Reserved.