エロゲー感想 > はらかつ! ~気になるあの子と子作りエッチ~ 感想

はらかつ! ~気になるあの子と子作りエッチ~ 感想

メーカー:<INTERHEART glossy
原画:りゅうき夕海
シナリオ:花散さと

【データ】(ネット認証なし、修正パッチなし)
・ディスクレス可
・回想49枠(ゆかり12、美咲11、紀梨香11、れん10、詩織3、真理子2、ハーレム2)
・CG63枚(ゆかり15、美咲14、紀梨香13、れん14、詩織3、真理子2、ハーレム2)※差分含まず

備考:追加ストーリーについて
2016年7月31日までの期間限定DL。
各ヒロイン1シーン(CG1枚)ずつのアフターストーリー、本編に追加インストールする形式。
【書きなぐり】◎>○>△>×
CG:○(良好) 
CV:○(人妻っぽさと若さのバランス)
シチュ:○(ヒロインの性格がシーンでよく感じられる)
テキスト:○(特に不満なし)


【良かった点】
①エロとヒロイン
尺は普通、卑語はおちんちん・おまんこ等、どちらかといえば少ない方かな。(抜きゲー基準)
アへ顔はなし、CG差分は殆どが4~6枚。アナルモザイクなし。

全体的な傾向として、タイトルやテーマ通り中出しがメインでのシーン構成。
目的が妊娠なのだから外に出したら「何の為にアナタとセックスしていると思っているんですか!」と言われても仕方ないw
そんな中でも、フェラやパイズリ・69といった挿入を伴わないプレイもほぼ全ヒロイン(詩織さんのみ例外)最低1つは用意されていました。
バリエーションという意味でも、アクセントという意味でも良かったと思います。
また、しっかり全ヒロインを孕ませる事が出来、ボテ腹Hまで搭載。※詩織と真理子はアフターストーリーも含めて
全シーンではないですが、既婚のヒロインは結婚指輪がチラッとでも見えるシーンが多いのも○。
やっぱり人妻ヒロインならしていて欲しいし、Hシーンでよりドキドキできる。

ポイントとしてはスタートは「浮気」でも「恋愛」でも「寝取り目的」でもはないということ。
ヒロイン達は完全に将来の伴侶(予定)や夫に対して愛情が冷めたから主人公を誘った訳ではない、妊娠した場合に子供の血液型が有り得る組合せである条件と、最低限抱かれても良いと思われている事が重なった為。
そして別に主人公の事が特別大好き、という訳でもない、あくまでも子作りという目的の為に必要だからである。
また主人公の方もこの人を寝取って自分のモノに!とまでは考えていない、でも淡々と子作りセックスにお付き合いするだけでもない。
旦那・恋人側の立場であれば「ちょっと待って!」と言いたくなるかもしれないけれど。
勿論ルート・ヒロインによって流れや初期好感度は異なるが、不思議な世界観でしたね。

子作りだけの関係(妊娠したらそこでその意味での関係はおしまい)のはずだったのに、伴侶や恋人よりも心に占める割合が高くなるまで、逆に主人公がこの関係をずっと続けていたいとまで恋慕する様になるまで。
そんな流れが見ていて楽しかったですね、主人公に関しては流されたり、性欲ギラギラだったり、事が露見したら終了なのにスリルを楽しんだり、暴走したりもするけど、基本的に優しくてまともな事言う場面の方が多い。
ヒロイン達に関しても主人公が知らず知らずのうちに本気に傾いていくのも納得の魅力がありました。
結果的に恋人や夫からヒロイン達を奪ってしまう事も多いですが、ドロドロさや暗さのない幸せ空間となるのもそのおかげかもしれませんね。

・ゆかり
とても世話好きで子供を授かり育てていく事への憧れが強い。
もし露見した場合やそういう関係になった現状は自分が全ての原因で主人公が気に病む必要は無いとまで言う実は肝の据わった部分もあったり。
妊娠する事が目的ではあるけれど、主人公にも気持ち良くなって欲しいって奉仕してくれたりする優しい人でしたね。※オバサンは禁句
綾瀬ゆりさんの落ち着きのあるボイスが良かったです。

・美咲
健気で頑張り屋さんで人の良い奥様。そして旦那さん激ラブ、毎日癒されて明日への活力を貰えるんだろうな・・・ぐぎぎ。
逆にそのラブっぷりが切なく感じてしまう場面もありました、主人公には悪いけど幸せな夫婦で居て欲しいと思った。
なので彼女のルートはちょっぴり他ヒロインのそれとは毛色が違っていたりします。
彼女の純真さにぴったりハマっていた蓮かすみさんの演技も良かったです。

・紀梨香
玉の輿に乗る為に全力のお姉さま、彼女は結婚・結婚相手に求めるモノが明確で行動にブレがない。
「専業主婦になって楽したい、とか結婚相手の年収がいくら以上とかそういう女と私は何か違うと思う?」清々しくて好感が持てる。
お金=幸せという考えの理由もちゃんとあって、「あのババア(彼氏の母親)!」という正直さ看病する時の優しさ、事が成就した際に本当はこんな女の相手をするの迷惑だったでしょっと自分で言う謙虚さ。
感情の昂ぶりも激しいのですが、野々村紗夜さんボイスもあってとても人間味がある様な感じがしました。

・れん
彼のことが大好きなのに、肝心の彼の愛情が冷めつつある状況にあるちょっと切ない娘。
寂しがり屋で家事スキルはそんなに無いけど、一緒に居たら楽しそう。
必要経費としてお金を徴収したり意外?にもしっかりしていて、「もう、いい大人が何してるのよお金はもっと計画的に使わなきゃダメじゃん」には主人公ならずとも「はい…」って答えてしまう。
誕生日に彼氏が時間を空けてくれなくて、追跡する体で主人公とデートなイベントは何かキュンときました。野々原まどかさんの声は彼女のキャラクターに良くあっていたと思います。

・詩織
結婚生活に達観しつつあるセックスレスに悩む噂好きな奥様。
言動も行動も凄く自由なんだけど、夫に求められない事に対して女としての自信を失いかけていたり。
「いつかはキミだって私に飽きちゃうでしょ?できるだけその時を遅くしたいの。キミとは長くお付き合いしていきたいし、今日はエッチするのやめておく」な台詞が刺さる。幸せにしてあげたい。
花影蛍さんの演技も良かったです、軽さと人生経験豊富そうな部分のバランスが好き。

・真理子
美咲さんと揉めているシーンから始まる出会いなので第一印象はお互いにアレなものとなってしまったが、態度が誤解を招きやすいだけで子供を愛している母性溢れる頑張り屋の奥様。
でも実はゆかりさんや美咲さんより年下という(びっくりした)w 
自分が迎えにいけなかった間、子供と遊んでくれていた主人公にその後ちゃんとお礼をする義理がたい一面と、しっかりお母さんの下で育ったのでまりなちゃん(娘さん)がとても素直で良い子。可愛い。
木多野ありさんの演技も良かったです、出会った当初と打ち解けて来た時の変化が好き。

一番驚いたのは、トイレ中のれんちゃんに突撃してフェラで射精後におしっこを口内にそのまましちゃうシーンですね。
主人公どんだけwここまで尖ったものはこのシーンくらいですがインパクト大でした。
れんちゃん「うう~、おしっこたっぷり飲んじゃった…まだお腹がタプタプする…」ごめんホントごめん…。
エロという意味では美咲さんのエンディング直前のシーンですね、大きいお腹とセーラー服でご奉仕といけないことしてる感じがたまりませぬ。


【気になった点】
①エロ
この作品から、という訳ではありませんがHシーンで主人公の体がシルエットなのは好みが分れるかも。
後は元々の目的が子作りなのでハーレムルート以外での複数プレイは無いことや、ヒロインによってエンディングの数や内容(最終的な関係)に少し違いがあることくらいでしょうか。
明確にこれがちょっと…みたいな部分は無かったですね。

②システム
タイトル編集とまでは言いませんが、プルプライス作品ではセーブ&ロード画面ではサムネイル表示をやはりして欲しい。
今回は○ページは○○さん専用。といった感じで対応しましたが、ずーっとそれを記憶し続けていくのは無理がある。
その手法も毎回可能とは限りませんし、やはり日時だけというのは味気ない。
後はロードした際にバックログである程度遡って読めると良いなと思います。

【まとめ】
難しいことはどこかに放り投げてゲームの世界に入り込もう。
扱うテーマはシビアな部分も有りましたがこれはエロゲなので。
是非ヒロイン達の望みを叶えて、そして幸せにしてあげて下さい。

管理者にだけ表示を許可する

淫らに喘ぐ七人の夜這いする孕女
『聖騎士Melty☆Lovers』を応援しています!

puremore『契約彼女』応援バナー720×320_4


Copyright (C) 2011-2015 気がつけば複数買い All Rights Reserved.