スポンサー広告 > ボクの××は寮生たちの特権です! 感想
エロゲー感想 > ボクの××は寮生たちの特権です! 感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボクの××は寮生たちの特権です! 感想

メーカー:<Carol Works
原画:ひさまくまこ/坂井みなと/宮坂なこ
SD原画:蒼井ゆん
シナリオ:たけうちこうた/ORU

【データ】(ネット認証なし、修正パッチあり)
・ディスクレス可
・Hシーン回想63枠(柚希9、梨乃9、柑奈9、オリビア8、実栗8、杏8、来夢8、その他4)※その他は全て複数H
・CG67枚(柚希9、梨乃9、柑奈9、オリビア8、実栗8、杏8、来夢8、その他8)※差分含まず
・SD絵使用イベント&CG16枠(柚希3、梨乃2、柑奈3、オリビア2、実栗2、杏2、来夢2)

備考:複数Hについて
4つの枠全て2連戦、1回戦目でヒロインの誰かが様子見、2回目で参加というパターン。
例:1回戦目@柑奈&来夢→2回戦目@柚希&柑奈といった感じ。
最低でも2枚のCGには全ヒロイン登場する様になっている。
【書きなぐり】◎>○>△>×
CG:○(良好、個人的に嬉しかったことも) 
CV:◎(こんな役というか演技も良いなあという方が多かった)
シチュ:○(アキラくんヤル時はヤル男だった)
テキスト:○(殆どの部分がキャラの台詞で構成されているタイプ。読みやすかった)


【良かった点】
①エロ
尺は普通~少し短め、卑語は無修正でチンチン、まんこ、おちんちん等、キャラごとに固定気味だけど色んな種類あり。
回数はジャンル補正込みでほんのり多めかも。
アへ顔は無し、CG差分は6~10数枚の範囲に大体収まる感じかな。アナルモザイクなし。

女の子のスカートの中に顔を突っ込んでしまうという、男性として色々と終了してもおかしくない状況・・・からの個性的な寮生達のお世話をする寮母さんライフ。
可愛いって本当に得ですよね、アキラくん超羨ましいぞ!(嫉妬)
一日2回、仲良くなりたいヒロインを選んでいくMAP選択形式ですが、時間帯で服装がちゃんと変わっているのも細かいなと思います。

さてHシーンについてですが、基本的に誘ってくるのはアキラくんに興味津々であるヒロインの方から。
だから主導権はある程度ヒロイン側にあります、彼の流されやすさも合わさって良い雰囲気。タイトル通り射精管理されてます。
柚希「もっと自分をしっかり持ちなさいよね!」はいごめんなさい。
まあアキラくんはヒロイン達と身体の相性が良いらしく、何だかんだでしっかり感じさせたりそのイチモツの虜にさせていたりもするんですが。
管理人基準でいくと、お尻責められたり、無理矢理射精させられたり、足コキされたり、そういったMプレイ的なものは少なめ。
来夢「チンポさん私のお尻使ってますよね。処女も貰ってますよね。チンポさんのお尻を開発する分くらいは私もう前払いしてると思うんですが」ぐうの音も出ないほどの正論だった。
多い順に並べると 来夢4>>実栗3>杏2>オリビア2>梨乃1>柚希・柑奈1~0 といった感じでしょうか。
Hシーンだと特にアキラくん華奢なので身体の大きさという部分でも対比が感じられてショタゲーとして正しいのかなと。
また、全員一緒は流石にありませんでしたが、複数プレイが4ルート用意されていたのも良かったです。
構図も横に並んでするだけではなく一工夫されていましたしね。

○「抜け駆け禁止ルール」
決められた日時や場所、順番以外でのアキラ君とのHな行為をした場合にはH系のペナルティが課せられる。というもの。
皆アキラくん狙っている状況ですしお仕置きもハード寄り。
物語終盤なのでアキラ君のテクニックもヒロイン達の開発レベルも上がっている状態なのでエロ的には御馳走。
隠れたポイントとして、多くの場合アキラ君が男らしく頑張ったり、内容が決まるまで精一杯弁護する等ヒロインを庇ってあげたり、事後に優しくしてあげたり。
これはされた方キュンとくるだろうなーって場面とセットで良かったと思う。

○衝撃を受けた
アキラ君は紛れも無く男性・・・なんだけど・・・けど!
そんなキッカケとなったイベントが柚希のブラジャーが来夢の洗濯物に紛れ込んでいて…といったもの。
あてつけですかとプンスカする来夢ちゃんとその場に居た杏さんも手伝って大きなブラを彼の頭に乗っけて…(SD絵イベントです)
アキラ君「ネコミミってやらされました…」(ボイス的には「ネコミミ~♪ってやらされました…」)
不覚にも可愛いって思ってしまった、何度もリピート再生してしまった、そこでプレイを中断した
CVが女性声優さんというのが大きいのは間違いないけど、ヒロイン達が彼をロックオンしたくなる気持ちが分った夜でした。

○Hの最中のアキラ君
こういったタイプの主人公の場合、Hシーンでの顔出しが多いというイメージがありましたが、本作品は柑奈ちゃんに3つあったくらいです。
顔の部分はCGで描かれている枠外だったり、ヒロインの身体の一部で隠れてたり、目は描かれていなかったり。
普通の作品よりもむしろ少なく感じたので、偶然じゃなくある程度狙ってそうしたのかな?と。
彼の場合は映りこんでもそこまで気にならなかったと思いますが、苦手派としては有難うございますと言わないといけません。

○チンポさん
来夢ちゃんはある理由からアキラ君の事をチンポさんって呼びます。
通常チンポは卑語ですが、この場合はどう扱えばいいのか分らないままチンポって言った回数を数えてみました。
※完全に手動です。ある程度の誤差がある前提のネタです。

チンポさん:587回
オチンポ:1回
チンポアキラ、ヒンポしゃん等の変則パターン:7回
遅漏チンポ:1回

…とんでもない数になった。彼女が使う男性器の呼称はオチンチンである為、かなり印象に残ると思います。
だから何だと言われたら困ってしまいますが、ヒロイン1人のワード数を考えると特定の言葉が500を超える回数(1ワードに複数回パターンもあるとはいえ)登場するというのは凄いことだなあと。


②ヒロイン・CV
個性的なヒロイン達の掛け合いや翻弄されるアキラ君を眺めるのが楽しかったなあ…並の人間じゃあの寮の寮母さんは出来ないw

・柚希
寮きっての常識人。ツッコミや流されやすいアキラ君へのコメントは仰る通りです以後気をつけます…と言う他ない。
入寮当初や序盤は余り歓迎はしてくれませんが、根はとっても優しい娘。でも怒らせると怖い。
朝早い主人公を気遣ったり、自分に付き合ってテレビ鑑賞という体で忙しく働く彼の休憩時間を作ってあげるなどキュンとくるポイントたくさん。
歩サラさんの声は静かなタイプの娘のイメージだったので、新鮮さと発見がありました。可愛かったです。
・梨乃
皆のお母さんでもあり、アキラ君に夜這いを仕掛ける淫獣(寮生達談)
アキラ君ラブっぷりが突き抜けていましたね…彼の全てを受け入れて、自分の欲望出来る事全てをしてあげる感じ。
もし梨乃さんのこと苦手ですって冗談でも言おうものならガチ凹みしそうなくらい。
基本的にはしっとり優しいんですが、アキラ君やエッチ関連の事となるとレベルが急激に上昇します。
篠原ゆみさんの優しそうな声が自然な雰囲気でしたね。徹底的にあまやかされたい。
・柑奈
自信が持てない・男性が苦手という悩みを抱えつつも、心優しい娘。
涙をダバーっと流してる立ち絵が妙に印象に残っているなあ・・・オチ担当な事が多かったかも。何か守ってあげたくなる可愛さ。
実はHな事に興味津々(苦手の克服も兼ねて)な娘というギャップも○。
鈴宮まいさんボイスはお久しぶりでしたが、良い演技だったと思います。
・オリビア
身長:186cm、バスト112 から滲み出る留学生的なオーラ(数値は公式発表ですが管理人の勝手なイメージです)
Hシーンでも体格差は他ヒロインより強く感じられたと思います。件の「抜け駆け禁止ルール」を破った時のお仕置きではある意味最強でしたね。
全てにおいてフリーダムなんですが、「ん~でも面倒です、今日はお風呂パスします!」と聴いた時は!?ってなりましたwアキラ君、出番だ!
ほんのり片言な佐倉もも花さんの演技も雰囲気が出ていて良かったです。
・実栗
おバカっぷりが愛しい皆のマスコットキャラクター。
知識の無さ等から時々理不尽な事を言われたりしますが、素直にお礼を言ってきたりする時のギャップがまたたまらんのです。
テニス勝負をアキラに挑むも、最終的に寮生全員がアキラの味方について1対7になっちゃうイベント(SD絵)が一番印象的、キラキラした目が段々と…w
愛されてるなあと思います。
綾瀬あかりさんは昨年あたりから出演作に触れる事も多くタイプも違うキャラが多いですね。実栗も愛すべきおバカっぷりが可愛かった。
・杏
実栗ちゃん曰く、水泳部の腹黒王子(このコメントの後、実栗ちゃんがどうなったかは誰も知らない)
冗談はさておき、楽しくなりそうな雰囲気あるところ彼女あり。
自ら楽しくなる様に皆をイジったりもする…んですがそれが自然体に感じられる(隠さない)のも彼女の魅力の一つでしょう。
割と真面目に作品中最強のヒロインなのでアキラ君が勝つことは永遠に無さそうですが、心底楽しそうな彼女の姿を見ているとそれでいいかなって思います。
策士っぷりとその際の良い笑顔が清々しい。
八幡七味さんのこういったキャラクターは珍しいですし、ノリノリな雰囲気があってとても良かったです。
・来夢
隙さえあればエロ的なネタに変換(たまにスルーされる)、自分の欲望に正直に生きる娘。
事前の印象からのギャップという意味では上位にきますね、Mシチュの多さも(管理人基準で)1番でした。
彼女の用意した罠を見抜けなかったので私は多分彼女には勝てなさそうw 
エンディングが一番彼女というキャラクターをあらわしていたと思います。
・アキラくん
ヒロイン達を怒らせたり隙を見せると大変な事になるこの寮において寮母さんの役目を全うする主人公。
基本的に流されやすいものの、自分の譲れないもの(食べ物を粗末にするのは駄目、それ以上はやりすぎだと判断)に対しては毅然とした態度をとる一面も。
管理人に衝撃を与えた主人公でもあります、ネコミミの破壊力恐るべし。
葵ゆりさんの声や演技は初めてでしたが、彼のキャラクターにピッタリでした。


③システム・その他
射精箇所の差分は選ばなかった方も登録してくれるのは嬉しいですね。
また、イベントの範囲を寮限定にしたのも繋がりを強く見せるという意味で良かったのではないかと。
部活に励む姿は見る事が出来ませんでしたが、ちゃんと立ち絵やイベントでコスチュームも見れますし、その姿でのHシーンも用意されていますから。


④番外
作品自体の感想とは少し離れてしまいますが、公式通販で発売前に行われた配布イベントや早期予約キャンペーンの対象物が残っている限りにおいてほぼ(缶バッジは復刻版ですが)入手可能だったということは触れておきたい。
(当然ながら対象店舗で一定金額購入で貰えるクリアファイル・しおり等は除きます)
最近は早期予約キャンペーンも通販で入手可能なケースや、発売後にハガキを贈ると何種類かは入手可能なケースが増えてきていますが、ここまでのは珍しいですね。
各々の事情はさておき、通販メイン・または行けなかったイベントがあるユーザーにも後日入手のチャンスが設けられているというのはとても素晴らしい事。
用意した数自体が終了という事なら諦めもつきますしね、是非とも次回作以降も継続して欲しいなと思います。
公式特典の首輪パッチも(フェイスウインドウも首輪verになります)楽しませて頂きました、というかアキラくんまでしているとは。
しかも一番太いんじゃ・・・?


【気になった点】
①エロ
上の方で少し触れた「抜け駆け禁止ルール」(取り決めた日や順番以外にアキラくんとHな行為)を破った場合のペナルティ。
中にはちょっと可哀想に感じてしまうシーンもありました。
別に痛めつける系という訳ではありませんし、皆の前なのに感じちゃって羞恥に悶える姿エロかったし興奮もしたんですが、柚希と柑奈の2人は最終的に泣いてしまったのがグサッときてしまったのかも。
後は女性声優さんが声をあてているというのもありますが、Hシーン中ボイスありでも良かったかなーと思いました。(オンオフ機能とセットで)


②システム
ボイスリピート機能、バックログの透過率変更のどちらかは設定出来ると良かっと思います。
もう一度その台詞を再生しようとするとバックログを呼び出す必要があるのですが、その際に画面中央部分が隠れてしまうので。
後はMAP画面に日付表示もあるとセーブデータの管理がしやすくなって更に良かったと思います。体験版プレイ時はそこまで意識していなかった。
出来ればセーブスロットもう少し増やしてくれたら嬉しいな。


【まとめ】
個性豊かなヒロイン達の掛け合いを眺めるのが楽しかったし、イベント自体の数も多かったので満足です。
プレイの仕方(同時攻略かお目当ての娘のみを追いかけるか)にもよると思いますが、明確な個別部分がもう少しあると更に良かったと思います。
こういう賑やかな日常が続く作品は私の大好物、重い展開にならないのも嬉しかった!
3作目がどんな雰囲気の作品かは分りませんが、ボク×でCarol Worksさんが好きだという気持ちが固まった気がします。

管理者にだけ表示を許可する

DigitalCute「タンテイセブン」応援中!

淫らに喘ぐ七人の夜這いする孕女
『聖騎士Melty☆Lovers』を応援しています!

puremore『契約彼女』応援バナー720×320_4


Copyright (C) 2011-2015 気がつけば複数買い All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。