エロゲー感想 > 想聖天使クロスエモーション 感想

想聖天使クロスエモーション 感想

メーカー:<TOUCHABLE
原画:スミスミ
シナリオ:黒井弘騎

【データ】(ネット認証なし、修正パッチあり)※別途PK版のみHシーン追加&演出強化パッチあり
・ディスクレス可
・回想39枠(奈々子28、葵3、奈々子&葵6、ムービー2)
・CG39枚(奈々子30、葵3、奈々子&葵6)※差分含まず
<パッチ適用済のデータです>


【書きなぐり】◎>○>△>×
CG:○(良好) 
CV:○(ぴったり)
シチュ:○(定番も変化球も)
テキスト:○(特に不満なし)

【良かった点】
①エロ
尺は概ね普通(シーンによっては少し短いかも)。卑語はおまんこなど。
レベルの差はあれ多くのCGアへりますが激しいのは数枚、CG差分は中外差分を抜かせば大体6枚前後。
アナルモザイクあり。
突き出された舌と流れる涙がエロかった、触手も変わらず柔らかそうで○。

人の想いが力になる。→クズ市民がアップをはじめました!
「いいぞもっとやれ!」と思って遊びつつ、最期はキッチリ今までの報いを受けて頂いてスッキリしたい派なのでそういう意味でも様式美でしたね。
章の間に次回予告が挟まれるなど凝っている部分も勿論あります。

戦闘中システム関してはわざとはいぼk…げふんげふん。
一定以上に状態異常が付与されたり、絶頂するまでになってしまうとどう頑張っても逆転はまず不可能。
やられる前にやらないといけないのがリアル感ありましたね、眺めて楽しんでいたら連続絶頂して敗北した経験は多くの人がするはず。
各種状態異常での専用立ち絵やダメージ立ち絵、戦闘を終えても本拠地で治療をしない限りは感度が蓄積されて次回以降の戦闘に影響するのも○。
目がハートな状態異常:発情が一番好み。

Hシーンに関しては雑魚戦での敗北エロは定番でありつつもバリエーションがあった。
ボス級は何枠か用意されて方向性もある程度決められており、2~3回敗北するとBADエンド方式。
1回敗北した後、影響を受けた状態での再戦(Hも含め)は良かった。
特色としてはふたなりですね。奈々子6、葵1で合計7シーンあります。
奈々子6のうち4つは一連の流れの中の連続したシーンなので特に印象が強かった、未知の快楽に喘ぐヒロイン見るの大好き。
一番びっくりしたのは本拠地での治療のシーン(3種類あり、対応するそれまでの戦闘で蓄積された感度が数値に関わらず0になる)ですね。
公式サイトにもサンプルCGが掲載されているのですが、敵側に捕まって拘束されて調教されている場面だとばかり思っていたので驚きました。
研究員「…薬の副作用で少し興奮するかもしれないけど、我慢して下さいね」
治療行為のはずなのにどうみても快楽責めですね!
正義の組織なのでハアハアしてる描写は無かったけど研究員絶対興奮してたと思う。

②ヒロインとCV
水瀬沙季さんと言えば清純とか純粋とかのキャラクターが多いイメージですが、奈々子はそれにプラスして心の強さがありました。
…綺麗なものを汚すのって楽しいですよねw
悪堕ちした後、全部振り切った反転じゃなく、面影残してるあたりが良かったなあ。
葵は逆に悪堕ちした時の心底楽しそうな感じが印象に残っています、ちょいちょい万感こもった恨み言が混じるのが人間味あって好き。
藤堂みさきさんは声も好きだけど、堕ちると従順になるキャラが多いイメージだったので新鮮だったかも。


【気になった点】
①エロ
前提として初回特典である『触装天使セリカ』特装版を抜きにして見た場合の話です。
プレイ中は戦闘中のエロ要素や雑魚敗北エロもありちょっと物語が短いかな?と感じたくらいでしたが、コンプリート後に数字を見るとやはり準フルプライスの価格に対してのCG枚数は少なめ。
葵のシーンに関しても、逆に奈々子が快楽堕ちしたけど葵はそのままだったルートとか、単純に調教されていた姿もっと見たかった。
CG枚数が多い事とエロい・良い作品である事はイコールではありませんが、重要な要素の一つ。


【まとめ】
纏まりもよく丁寧なつくりで好感触、痛めつける系に寄ってなくて良かった。
それだけにもう少しシーン数(CG枚数)があったら…と思ってしまうのは否定出来ないかな。

管理者にだけ表示を許可する

淫らに喘ぐ七人の夜這いする孕女
『聖騎士Melty☆Lovers』を応援しています!

puremore『契約彼女』応援バナー720×320_4


Copyright (C) 2011-2015 気がつけば複数買い All Rights Reserved.