エロゲー感想 > 淫靡蕩少女 ─残されし楽園の姫君─ 感想

淫靡蕩少女 ─残されし楽園の姫君─ 感想

メーカー:<WAFFLE
原画:只野あきら
シナリオ:あるてぃめっと☆るいるい

【データ】(ネット認証なし、修正パッチなし)
・ディスクレス可
・回想12枠(キアラ7、フラヴィァ3、キアラ&フラヴィァ2)
・CG24枚(キアラ12、フラヴィァ7、キアラ&フラヴィァ5)※差分含まず

本作品は2015年12月30日現在、シリーズ過去2作品に同じくDL専売タイトルです。



【書きなぐり】◎>○>△>×
CG:○(良好) 
CV:○(よくあっていたと思う)
シチュ:○(おっぱい!おっぱい!)
テキスト:○(特に不満なし)


【良かった点】
①エロ
尺は価格相応、卑語はオチンチン、オチンポ、オマンコなど回数はそれなりにあったと思う。
アへ顔はなし、CG差分は3~5枚、3Pと戦闘絵の時のみ7~8枚。
アナルモザイクは明確に確認は出来なかったけど多分あり。


前作同様、(全てではないが)1シーンごとに<CG複数枚使用、分割登録なし、複数回射精有り>。
キアラは人間の象徴であるお姫様として自分の意思で島に残る。
彼女なりの苦悩や心の疲れを主人公が癒していく感じですね、エッチなお誘いは彼女からですが!
親しみ易く、自分の考えをしっかり持ち、誘惑上手で、お忍びが好きなお茶目さん。
フラヴィァは有能な護衛でもあり、人間側の陣営にくみする大人の女性。
彼女も中々誘惑上手、でも主人公に押されるととても可愛くなる。

今回も主人公は何度か決断を迫られるが、スパイという設定らしく運命の日までの行動が大切。
タイトル画面や作品ページで表示される、キアラと主人公が寄り添う姿が全てです。
最初から最後まで言葉通りに行動した主人公には好感が持てるし、ヒントを提示しつつ進行する物語は○。
こういう部分に関しては何れ発表されるであろう第4編以降も安心出来ますね。


【気になった点】
①エロス
フェラ時のモザイクは1章の時に近くなった感じ。ただ今回はフェラの数自体が少なめ。
ブランニュー版との重複CGはキアラ・フラヴィアともに2枚ずつ(逆に言えばそれ以外のブランニュー版収録CGは新規CG)
本編の価格も考慮すると若干の割高感は感じるかもしれない。
現物派としては、もう少しお手頃な価格だとDL版でも突撃しやすいのだけど。


【まとめ】
これまで同様シリーズ初めてでも大丈夫、勿論過去の作品をやってきた人だとピンと来る名前などこの世界の繋がりが分るモノはしっかり入っている。
やっぱり結末が気になるので次も買うと思う、全5編くらいで纏めてくると思うのだが果たして。

管理者にだけ表示を許可する

淫らに喘ぐ七人の夜這いする孕女
『聖騎士Melty☆Lovers』を応援しています!

puremore『契約彼女』応援バナー720×320_4


Copyright (C) 2011-2015 気がつけば複数買い All Rights Reserved.