スポンサー広告 > 光翼戦姫エクスティア side.2『粘液怪人、強制発情の罠』 感想
エロゲー感想 > 光翼戦姫エクスティア side.2『粘液怪人、強制発情の罠』 感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光翼戦姫エクスティア side.2『粘液怪人、強制発情の罠』 感想

メーカー:<Lusterise
原画:翡翠石
シナリオ:灯龍

【データ】(ネット認証なし、修正パッチなし)
・ディスクレス可
・回想5枠(全てエクスティア )
・CG5枚(全てエクスティア )※差分含まず



【書きなぐり】◎>○>△>×
CG:○(原作と原画家さんは違うけれど) 
CV:○(葉村夏緒さんは好きな方の1人)
シチュ:○(発情させるの好き)
テキスト:○(特に不満なし)


【良かった点】
①エロス
尺はside.1同様、価格が3桁だからといって極端に短くはない。
卑語はオチンポ・オマンコなど・・・あれ?P音ない?
アへ顔は軽めのものを含めれば主人公とのラブH以外の4枚。
CG差分は10枚前後といった所、アナルモザイクは不明。

何となく今回はイグって沢山言っていた気がするなー。
流れ的にはside.1と違い、段々と発情させられて完堕ち状態でのシーンは最後までおあずけ。
ただし、主人公の目の前で・・・というのは同じだが、コスチューム変化は今回はなしと細部は異なる。
怪人の放つ粘液に催淫効果があり、PP(エクスティアの力の源)に反応する為、粘液ごと怪人を焼き尽くそうと必殺技を使おうとすれば発情して動けなくなるし、粘液により物理攻撃はシャットアウトされるので、放たれる粘液を避け続けながら戦うという無理ゲーを強いられる。
決戦前にジワジワと快楽を覚えこまされたエクスティアに勝ち目はなかった!

特色としては、体の露出している部分(装甲がない部分)が粘液で塗れている状態でのHシーン。
副産物として透けた胸・乳首が見られるので、中々珍しいシチュだけに好きな人はビビッとくるかも。
例外は主人公とのラブラブH(1枠)のみ。

②CV
葉村夏緒さんの演技もとっても良かったと思います、快楽に身も心も蕩けている感じが特にグッときました。
罵倒こそありませんでしたが、アへ度はside.1より上がっていたと思います。


【気になった点】
①エロス
製品版でいう所の1ルート追加って感じではあるが、回想数を考えると少々お高めか。
後日パック版が出る・・・と思うので我慢するのも手かと。

【まとめ】
エロくて良かったのでside.3も買っちゃいそう。
光翼戦姫エクスティア2(初代もいずれは購入しようかなと)もエロエロだといいな。

管理者にだけ表示を許可する

DigitalCute「タンテイセブン」応援中!

淫らに喘ぐ七人の夜這いする孕女
『聖騎士Melty☆Lovers』を応援しています!

puremore『契約彼女』応援バナー720×320_4


Copyright (C) 2011-2015 気がつけば複数買い All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。