エロゲー感想 > 姫酪農 感想

姫酪農 感想

メーカー:<ABALONE KISS
原画:赤木リオ
シナリオ:山椒木實

【データ】(ネット認証なし、修正パッチなし)
・ディスクレス可
・回想18枠(リィズ3、アマリア3、メリナ3、シーダ3、ナナリー3、その他3)
・CG23枚(リィズ4、アマリア4、メリナ5、シーダ4、ナナリー4、その他2)※差分含まず




【書きなぐり】◎>○>△>×
CG:○(エロい) 
CV:○(良好)
シチュ:○(ヒロインごとに固定)
テキスト:○(特に不満なし)


【良かった点】
①エロス
尺は価格相応、おちんぽ、おまんこなど回数はそれなり。
アへ顔はHシーンに使われている全CG、CG差分は3~5枚のものもあれば10枚近いものもある。
アナルモザイクあり。

ゲノス(主人公)の朝は早い、要望に十人分に応えられる牝を飼育・出荷しなければならないからだ。
①自分が関わらない(牝を使って性的欲望を発散しない)
②家畜の成育に薬物や魔法の類は使わない(長持ちさせる為、母乳を飲むなどする依頼者の体への影響への配慮)
これは作中で彼自身の口から語られる「こだわり」であり、プロの仕事と言えるだろう。
まあ、
リィズ「たっ、たすけ・・・っ]
主人公「王都の姫がオラにお願いしとるで・・・(中略)きんもちよがっだあ・・・じゃ、やれ(犯せ)」
といった楽しみは役得の範疇であろう。

本作品はヒロインごとにテーマ(依頼)が異なるので、シチュエーションもそれに伴い固定に近い。
依頼の内容や相手となるモンスターは公式のヒロイン紹介ページに記載があるのである程度察しがつくと思う。
アマリアの場合は殆ど快楽責めだし、逆にシーダの場合は電撃や腹パンなどメーカーさんらしい感じ。
シーダを除き全体的にエグさは抑え目ではあるが、抜きゲーとしての濃さは十二分。
個人的にはこれくらいのテイストが良いなあと思いました、アマリアさんとか苗床にしたい。(ナナリーちゃんはとても可愛いだけに、カワイソウな感じもしましたが)
桜水季さん、中家志穂さんのお二方の演技も良かったです。


【気になった点】
①エロス
実質的な抜きエロという意味では各ヒロイン3つずつの合計15シーンなので、価格を考えるともう少しHシーン数が欲しい。
ただ、CG差分が足りない(テキストでの変化や描写の反映)と感じたものも少なからずあったので、そちらの方向でも希望を出したいかな。
後は「あくまでも出荷前提の構成」なので、自分のモノにしていく訳ではない。所くらい。


【まとめ】
ひぎい系に関しては過去作品に比べて大分マイルド(シーダ除く)になっていたと思います。
壊してしまう=失敗につながりますし、当然の流れではないかと。
逆に過去作に怖さを感じた方には手を出しやすくなっているのではないでしょうか。


管理者にだけ表示を許可する
DigitalCute「タンテイセブン」応援中!

淫らに喘ぐ七人の夜這いする孕女
『聖騎士Melty☆Lovers』を応援しています!

puremore『契約彼女』応援バナー720×320_4


Copyright (C) 2011-2015 気がつけば複数買い All Rights Reserved.