スポンサー広告 > 幻聖神姫LINEAGE -セイクリッドリネージュ- 感想
エロゲー感想 > 幻聖神姫LINEAGE -セイクリッドリネージュ- 感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻聖神姫LINEAGE -セイクリッドリネージュ- 感想

メーカー:<Triangle
原画:夕暮ぱいろ/斎藤なつき
シナリオ:assault

【データ】(ネット認証あり、修正パッチあり)
・ディスクレス可※初回はサポートコード入力認証と合わせてチェックあり
・回想74枠(セイクリッドクレール34、セイクリッドノワール28、ラジエル4、陽乃3、エンディング5)
・CG76枚(セイクリッドクレール40、セイクリッドノワール27、ラジエル5、陽乃3、その他1)※差分含まず
※ヒロイン個別の数は変身シーンなどを含んだものになります。
【書きなぐり】◎>○>△>×
CG:○(表情がそそる) 
CV:○(意外な発見もあったし良かったです)
シチュ:○(ゾクゾクするものもあった)
テキスト:○(特に不満なし)


【良かった点】
①エロス
尺はおおむねフルプライス相応、卑語はチンポ、おちんちん、おまんこ等。
今回も実装されているので、これだけでもエロさは上昇している。ずっと継続して欲しい。
アへ顔はなし、CG差分は非HCGを除けば殆どが6~11枚。
アナルモザイクあり。

○表情
グッとくるの多かった理由の一つが、「涙」ですね。
クレール:34/40
ノワール:24/27
ラジエル:4/5
陽乃:1/3
その他:0/1
合計:63/76、約82%。
目じりに涙を貯めてたり(快楽や被虐や恐怖に耐える)、盛大に泣いてたり(耐えられなくて)、1すじ垂れていたりとバリエーションも豊富。
今回、被虐寄りの責めが多いのでそういったヒロインの苦悶の表情と合わさると破壊力抜群でした。


○シチュエーション
ヒロインのトラウマに関連したHな責めとか・・・酷いことしますね。いいぞもっとやれ!(クレールとノワール各1回ずつです)
シーン1つ1つを見た時に快楽要素がゼロではないけれど、基本のテイストはどちらかといえば被虐寄り。
肉体を改造するとか、骨を折るほど締め付けるとかそういう方面ではなく、腹パン・極太触手挿入とかそいうった系。
例えば・・・シーンは快楽寄りの責めなんだけど、ふとした瞬間にヒロインを蹴るとかね。
根本には「ヒロインを辱める」というのが勿論存在するので、それも合わせてイイ感じに纏めていたかな。
管理人のお気に入りシーンは
クレール&ノワールを地面に拘束して土下座&民衆に謝罪させる(踏みつけられたりする)
地面に拘束して四つん這いにさせ、鼻フック装着の上、後ろから民衆に犯される
ティエルナ(クレール)肉奴隷で挿入おあずけ(ラジエルに挿入しているチンポを)オナニーフェラ
の3つ。ゲス野郎ですね、わかってます。


②CV
綾音まこさんのこういった陵辱系タイトル(フルプライスメインヒロイン)をプレイするのは始めてでしたが、民衆に蔑まれたり快楽を感じてると誤解されてもまだ頑張る意思の強さと、苦悶の表情で責め苦に耐えているであろう感じ、がとても良かったです。
単純にクレール可愛かったのもありますが!これは堕としたくなる。
手塚りょうこさんはとても安定された演技でしたし、クレールと一緒のシーンやアンドラスとの1騎打ちシーンで輝いていました。
八尋まみさん演じる忠誠心の塊(とちょっと嫉妬する)ラジエルが愛らしかったですね。主人公とHするシーンや、自分のことを省みず・・・なシーンの台詞にぐっときました。アンドラスとの会話も面白い。
湖月ゆらさん演じる陽乃は雪を堕とす手駒としてのノリノリさも目立ちますが、日常会話がふわふわしてて良かったですね。プレイ的にも一時の平穏って感じでw

③システム
ディスクレス可を継続にしたのは管理人的にはかなり+評価。
2回連続ということは、今後もおそらく継続してくれるはず。
いわゆる抜きゲーでディスクレス不可は本当に致命的だから。

④戦闘・その他
恥辱攻撃でヒロインがダメージ受けて行く姿はエロい。
恥辱攻撃連打していると、次の戦闘時に最初から恥辱ゲージ1ある状態から戦闘開始するのも凝ってる。
アンドラスがしぶい活躍。何気に笑顔が素敵で噴いたw
Hシーンでも日常でもブレないし、いい相棒でしたね。男の副官・部下系キャラのお手本。



【気になった点】
①エロス
隙のないエロといった感じの本作品だけど、堕ちた後のシーンが皆無であることだけは触れておこう。
勿論、必死に頑張るヒロイン、ギリギリの攻防をたっぷり楽しめるという意味では利点である。
だけど、管理人は堕ちた後の方に主眼を置く方なので、もう少し枠割いて欲しかったなというのは正直な所ですね。
上の方でで挙げたベストシーンの一番下(オナニーフェラ)の後に3個くらいシーンがあったら、さぞエロエロだったことだろう。
多分、ヒロイン自ら(嫌々言わされるんじゃなくて本心からの)おねだり台詞が好きな人は多かれ少なかれそう思うんじゃないかな。
とはいえ、それを補って余りある魅力を感じましたし、これはこれで一つの解です。事実とても楽しかったw
テキストでは乳首に巻きついた触手が~、CGでは胸周辺に触手なし、といった事もあったけど、スルー可能な範囲内。

②戦闘
ヒロインの姿はエロかったのだけど、残念ながらテンポという意味ではちょっと厳しい。
一度コマンドを選んで実行すると、全員の行動が終わるまでオートで進む。
簡単に言うと、クリックで台詞送りが出来ない上に肝心のオート速度が遅くて更に調節不可。
初回に選んだルートや行動によってばらつきはありますが、大体はクリアまで10回前後の戦闘が必要です。
試行回数でみれば誤差レベルですが、戦闘バランスにもばらつきがあった様に感じます。
2周目以降スキップが可能なのは優しさだったと思う。

③特典
Hシーンを特典にする方式は管理人的にNGの一つ。
本編にやっぱり入れておいて欲しい。

【まとめ】
延期も1回あり、ちょっと迷った時期もあったけど、購入して本当に良かったなーと思います。エロかった。
ヒロインを辱めるのって本当に楽しいよね!
次回作も好みに少しでも合いそうなら前向きに検討したい。

管理者にだけ表示を許可する

DigitalCute「タンテイセブン」応援中!

淫らに喘ぐ七人の夜這いする孕女
『聖騎士Melty☆Lovers』を応援しています!

puremore『契約彼女』応援バナー720×320_4


Copyright (C) 2011-2015 気がつけば複数買い All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。