スポンサー広告 > 円交少女 ~陸上部ゆっきーの場合~ 感想
エロゲー感想 > 円交少女 ~陸上部ゆっきーの場合~ 感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

円交少女 ~陸上部ゆっきーの場合~ 感想

メーカー:<Frill
原画:恋泉天音
シナリオ:丘野塔也/若林浩太郎/瑞守ねおん

【データ】(ネット認証なし、修正パッチなし)
・ディスクレス可(初回起動時は必要)
・回想14枠(悠希12、真子0、悠希&真子2)
・CG23枚(悠希18、真子0、悠希&真子5)※差分含まず

選択肢0、エンディングをみればコンプリートなので攻略は省略します。



【書きなぐり】◎>○>△>×
CG:○(フリルさんらしい) 
CV:◎(とても意外)
シチュ:○(気がついたら深みにはまっている展開)
テキスト:○(特に不満なし)


【良かった点】
①エロス
尺は価格相応~ちょっと長め。
卑語はおちんちん、オチンポ、オマンコ、頻度もそれなり以上でしたが、何より意外にも無修正でした。
アへ顔はなし、CG差分は1/3が1桁、残りが殆ど30枚オーバーと極端な感じ。
アナルモザイクなし。
いつもどおり唇のラインが分るフェラCGにエロスを感じました。

お客におねだりを言わされる序盤も、気持ちよくなってきたり、むしろ相手にも気持ちよくなって欲しいと考える中盤以降もどちらも美味しかったですw
ゆっきー「私(おちんちんみたいな言葉を使っておねだりとか)何言ってるんだろう、バカみたいだよ。」
すいません興奮しますごめんなさい。
聖娼女に同じく、
A+B=シーン①
A差分+C=シーン②
と言った感じで同じCGを複数回使う場合は差分で変化をつけるなど工夫がされていましたね。

②CVとヒロイン
発表された時、意外に思った方も多いのではないでしょうか。
ゆっきーも、学生時代そんな時期あったなーという感じでしたが、くすはらゆいさんの友達思い+Hに関しての優しさといった雰囲気を出すのが上手かったと思います。
パコはある意味純真だけど・・・?結末を見た後に最初から見直すとまた違って聞こえます。
鶴屋春人さんお久しぶりですが、やっぱり良いなあ。

③シナリオ
途中経過も暗くなりすぎず、でも気がついたら深みにハマッている妙なリアル感が調和していましたね。
結末が前に向けて歩く感じだったのも○。

④システム
バルーンウインドウシステム(台詞の吹き出し表現)のオンオフ機能が親切。

【気になった点】
①エロス
聖娼女の時と頻度的には余り変わらなかったと思うんだけど、元々の回想枠の少なさからか「CG使い廻し」が気になりましたね。
勿論上記で触れた様に配慮はされているのですが、公式サイトでサンプルとして11枚も公開されていますし枠が減っても全部新規CGが良い派の方だとちょっと新鮮さに物足りなさを感じるかもしれません。


【まとめ】
すっきりした後味や読み心地を求めるとちょっとモヤモヤするかもしれませんが、作品自体は丁寧に作られているなって感じました。
続編いくらでも作れそうな幕引きでしたが、コスチューム(体操着とか水着とか)的には出ちゃってる気もするし・・・色んな角度から見てみたいですし真子とレイドが迎える結末も興味があるので続編に期待したいなあ。

管理者にだけ表示を許可する

DigitalCute「タンテイセブン」応援中!

淫らに喘ぐ七人の夜這いする孕女
『聖騎士Melty☆Lovers』を応援しています!

puremore『契約彼女』応援バナー720×320_4


Copyright (C) 2011-2015 気がつけば複数買い All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。