スポンサー広告 > 爆乳セレブ妻・お触り車両 「イヤ、ダメ、触らないで! これ以上されたら……」  感想
エロゲー感想 > 爆乳セレブ妻・お触り車両 「イヤ、ダメ、触らないで! これ以上されたら……」  感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

爆乳セレブ妻・お触り車両 「イヤ、ダメ、触らないで! これ以上されたら……」  感想

メーカー:<ルネ
原画:黒石りんご/huracan/柚子鉄線
シナリオ:K-TOK/柊風里/川原圭人/須々木鮎尾/遠野渚/シャア専用◎/葵凛./りりあん嬢

【データ】(ネット認証なし、修正パッチあり)※適用しなくてもクリアは可能
・ディスクレス可
・回想79枠(清香15、麻紀13、せいら13、絵里13、華鈴13、ハーレム12)
・CG90枚(―――)※差分含まず

備考:内訳について
公式さんがヒロイン毎にページ分けをされているのでそれに準じます。
ただし、CGについては混在しているので、申し訳ありませんが省略させて頂きます。
(各ヒロイン1~3シーンは他ヒロインと一緒のシーンが含まれます)
【書きなぐり】◎>○>△>×
CG:○(特に不満なし) 
CV:○(好きな方多かったです)
シチュ:○(電車内でのシーンはタイトル通り多め)
テキスト:○(特に不満なし)


【良かった点】
①エロス
尺はフルプライス相応、卑語はオチンポ・オマンコ等で回数はシーンによりけりだが、標準以上はあるかな。
アへ顔はあるにはあるが、見慣れてる人だとカウントしないかも。
CG差分は一ケタ台のものは殆ど無く、(射精箇所差分が殆どのCGにあるとはいえ)大体は20~30枚。たまに50枚とか80枚が存在する。
アナルモザイクなし。

パッケージ絵やタイトル名からガチガチの陵辱系なイメージが想起されると思う。
ただ、麻紀以外のヒロインは程度の差こそあれ「初めての痴漢行為」の時点で承諾に近いものを感じる。
(この辺りは体験版の範囲内でも確認が可能)
脅しという手段を使うのも清香や麻紀くらいだし、せいらや華鈴に至ってはノリノリに近い。
また、ストーリー的にも主人公に犯されたり痴漢されたりする内に、秘めたものが覚醒したり、お悩み解決したり、主人公が救ったりと、イイ話風味である。
肉奴隷にして嬲る様な展開は無いので余りこういうジャンルに手を出さない人でも、ビクビクしないでプレイ出来るんじゃないかな。
人によってはヌルいと感じるかもしれないけど、個人的はこれはこれでアリ。
何でかって、ヒロインに近しい男性陣が殆ど好意を抱けない人物だから、相対的に主人公の方が良く見える。
結果として人妻たちを夫から寝取る事が出来るのは当然の流れだった。
せいらルートは特にそういう感情が強くて、自然とヒロイン側に感情移入していましたね。
凄くイイ奥さんだと思うし、発言は至極ごもっともだし、最後の方まで夫を愛して信じていましたし。
一番、主人公と末永くお幸せにって思ったヒロインだったかも。

さて、Hシーンに関して言うと「連続射精」が殆どのシーンに備わっていたのが好印象。
射精→数行→射精というパターンもあるので一概に褒められる項目ではありませんが、この作品の場合はそれなりの間隔がおかれていたので。
主人公の顔も殆ど出てこなかったし、寝取りモノ(寝取られものでもそうかも)で定番の「意識がある状態の関係の深い男性の目の前でセックス」も完備(ただし華鈴はセックス中に電話越し)。
また、全ヒロインがボテ腹になるのも良かったんじゃないかと思います。
しかし気の強い女性はアナルが弱いってエロゲでは本当に常識レベルなんだなあ。


②CV
野々村紗夜さんは落ち着いた婦人、藍川珪さんはどうしてくれようかという女上司、鈴原なぎさんはノリの良い奥さん、渋谷ひめさんは元気娘、葉月まぁちさんはアイドルと、皆さんヒロインから抱くイメージに合っていたと思います。
個人的な所で言えば、「VenusBlood -HYPNO-」以来半年ぶりに渋谷ひめさんの演技が聞けて嬉しかったですね。
キャラクター的にも「教育指導」の千夏ちゃんを思いだしました。・・・そういえば彼女も乳首(胸)少し弱かったw
また、鈴原なぎさん演じるせいらは、単純に好感しか持てなかったのもありますが、酔っ払って「ムラムラしているのであります隊長!」とか言っちゃうおいしいキャラクターだったので一番好きなヒロインです。
サンプルボイスでこれは!と思ったのは間違いじゃなかった。

③フル化機能
使う・使わないはともかく、この機能をつけたという決断は触れておくべきかなと。
使用するデメリット(タイトル画面が変わるとか)も見た限りではなさそうですし。


【気になった点】
①エロス
個別ルート上での複数プレイが少し唐突。
要はルート外のヒロインが自然な感じ(脅されてしぶしぶではなく)で登場してくる。
これは「ハーレムルート」を前提として製作されているからだと推測される。
回想・CGフル化機能もついているし、1周で全部コンプリートを想定しているというか。
要は、特定ヒロインを選び続けるとこの違和感を感じるが、ある程度散らしながら攻略していくと余り感じないということ。
ある程度散らしながら攻略していけば、最終的にはハーレムルートに辿り着きますよね。
多分そういうことではないかと。


【まとめ】
サンプルボイス聴いて体験版やるまで正直購入を迷っていたのだけど、「巨乳家族催眠」と同じくらいの満足度で良かった。お気に入りシーンもあったしね!
どのくらいの陵辱レベルを求めるのか、がポイントになってくる気がします。

管理者にだけ表示を許可する

DigitalCute「タンテイセブン」応援中!

淫らに喘ぐ七人の夜這いする孕女
『聖騎士Melty☆Lovers』を応援しています!

puremore『契約彼女』応援バナー720×320_4


Copyright (C) 2011-2015 気がつけば複数買い All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。