スポンサー広告 > 妹どりーむ ~ウチの妹は××になりたいらしい~ 感想
エロゲー感想 > 妹どりーむ ~ウチの妹は××になりたいらしい~ 感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妹どりーむ ~ウチの妹は××になりたいらしい~ 感想

メーカー:<インターハート
原画:まうめん
シナリオ:花散さと/シャア専用◎/桜庭丸男

【データ】(ネット認証なし、修正パッチなし)
・ディスクレス可
・回想24枠(千夏10、冬華10、その他4)
・CG50枚(千夏20、冬華20、その他10)※差分含まず

備考:その他について
回想・ギャラリーではその他カテゴリーなのでそのまま記載しましたが、中身はハーレムルートのものです。




【書きなぐり】◎>○>△>×
CG:○(明るめの塗り) 
CV:◎(お二方とも良かったです)
シチュ:◎(こ、これはレッスンだから!)
テキスト:○(特に不満なし)


【良かった点】
①エロス
尺は価格相応、卑語はおちんちん等で頻度はそこそこといった所。
作品の雰囲気を考えると、多くしたり連呼したりしなかったのは正解だった気がする。
2人は「エロゲーに出演すること」を目指している訳じゃないからね。
アへ顔は当然なし、CG差分は大体5~9枚で、10枚以上のモノもちらほらと。
アナルモザイクもなし。


○対比
ヒロインの2人は「妹」なので大人な身体では有りません。
そして主人公の男性器が(シーンにより若干の変化がありますが)比較的「太め」なんですよね。
更に、御奉仕系なシーンでは殆どの場合「手を添えて」くれるんですよ。
また、モザイクは手や指の形がちゃんと判る様になっている。
可愛さや健気さが感じられますし、アレの存在感のギャップが良かった!
説明が下手で恐縮ですが、主人公より年下系のヒロインだと直接的なものよりも、そういうのを見ちゃうんですよね。

○お口系シーン
CGベースで、千夏3、冬華5、ハーレム3(お掃除系や69系、ハーレムにて片方が~なものも含む)
で合計11枚、全体の約1/5が該当する。
CG上でもはむはむしてくれるものは残念ながら少ないのが残念だけど、個人的には好きなシチュエーションなので嬉しかったなー。


千夏と冬華が兎に角可愛かった。癒されポイント沢山。
<エピソード1>
千夏「ふふふ♪そんなんじゃいつまでたっても彼女なんて出来ないよ」
主人公「彼女くらいいたことあるよ」
千夏「えっ!?」
千夏「ウソでしょ!?いつ、だれと付き合ったの!?まだ付き合ってるの!?」
千夏の性格が良く現れている1シーンw
<エピソード2>
冬華「その練習つきあってくれる・・・?」
冬華「兄さんが優しく教えてくれるならその方がいいな(あ)♪」
冬華「お願い、兄さん。わたし兄さんしか頼れる人がいないの」
冬華「楽しみだな、声優さんになるための練習♪」
これを断れる兄って居ないと思う。(あ)の部分はテキストには無いので蓬かすみさんのアドリブです。
<エピソード3>
千夏「何かしてほしいことある?」
主人公「じゃあパンツ見せてくれ、そうしたら元気が出る」
千夏「殺すよ?」
がくがくぶるぶる。それまでイイお話でほっこりしてた上に、音楽もその時だけ消えるのでゾクゾクしました。
それまで多くのレッスンもこなした後の出来事でなので、何か迫力ありましたね。
<エピソード4>
冬華「お姉ちゃんじゃなくても起こしにきてくれたら嬉しい?」
~翌日の午前3時に起こしにくる~
冬華「もしかして兄さん、やっぱり喜んでくれなかった・・・?」
冬華「良かったー。お姉ちゃんに先をこされたらだめだもんね。」
これは休憩が必要な甘さですね・・・。
普段大人しい冬華のお姉ちゃんへの対抗心がちょっと見え隠れするイイ場面。

ちょっとHな、段々レベルが上がって行くレッスンにも頑張る姿が愛らしい。
それもこれもお兄ちゃんが大好きだからこそ。
真剣で純粋な瞳が眩しかったぜ・・・護りたいこの笑顔って思った。
夜這い的なシーンが2人ともあるんですが、「軽く拘束してイラマチオ」そんな時でもお兄ちゃんを気持ち良くさせる。頑張ってくれる感じに心打たれましたね。
「お互いがお互いのことを秘密にしたまま」のレッスンだし、それもあって頑張っちゃうんだろうなあ。可愛い。
千夏と冬華が早口言葉を見事に言いきるシーンがあるのですが、管理人もやってみた所、速攻で噛みました。
千夏「成せば成り成さねば成らず成るものを成らぬと言うのは為さぬなりけり!」
冬華「新進シャンソン歌手出演新春シャンソンショーの隣の客が低所得者層で偽札作りっ!」
チャレンジしたい方はどうぞ。
そんな風に作品中でもちゃんと成長して(最初は棒読みだったりする)、最後はちゃんとハッピーエンドで。
片方に関係が発覚して修羅場な展開もないし、安心して楽しめました。
そうそう、普段は千夏は「ハル」、冬華は「兄さん」呼びです。
でも二人ともあるタイミングで「お兄ちゃん」って呼んでくれる様になります。
その瞬間が照れ交じりでまた可愛いんだYO!


②CV
千夏役の春山色葉さんは、名前有りキャラだと初遭遇かな。
元気さと可愛さと秘めたお兄ちゃんラブな感じがとても良かったです。
冬華役の蓬かすみさんは管理人の好きな声優さん。
ひたすら健気で一途に頑張る感じがとても良かったですね。
過去の出演作と比べてもゆっくりめの演技なのも新鮮でした。

あえて序盤の下手な演技をするのって逆に難しいんんじゃ・・・って思いました。
その過程があるからこそ、成長が感じられるし重要な部分なだけに。


【気になった点】
①エロス
特に無いんですが、強いて言うならもう少しCG欲しかったかも。
個人的な嗜好という意味では、エロ的なテンション↑よりも、微笑ましさを感じてほっこりしてしまった事ですね。
Hシーンがエロくない、という事では有りません。
「お兄ちゃん、右手の使用を禁止します!」でも述べましたが、管理人にはロ○な属性を持ち合わせていないので、何か見ているだけで幸せで満足しちゃうんですよね。
エロいと思っていてもそうなってしまう。何処で線引きがされているのか自分でも判りませんがw



【まとめ】
声優さんをメインテーマとして扱った作品はたまーに出ますよね。
彼女が実は~とか、スタジオで陵辱していく~みたいな作品は記憶にありますが、「妹が」というのは初めてだと思うので新鮮でした。
保科めぐみさんの曲も良かったし、BGMもまったりしていてとにかく癒される。


総合評価:7点
【内訳】
基本点:4点
印象的なHシーン:+1点
CV:+1点
癒し:+1点

管理者にだけ表示を許可する

DigitalCute「タンテイセブン」応援中!

淫らに喘ぐ七人の夜這いする孕女
『聖騎士Melty☆Lovers』を応援しています!

puremore『契約彼女』応援バナー720×320_4


Copyright (C) 2011-2015 気がつけば複数買い All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。