2014年度総括 > 2014年度総括 総合部門

2014年度総括 総合部門

この記事では全作品から「やっていて楽しかった+思い出深い」18作品をピックアップ。
中には許せない展開などが含まれる作品もありますが、ヒロインの魅力がそれを上回った結果です。
(各感想の点数順ではありません)
なので演技が凄かったり、好きな声優さんの出演作だったり、高評価でも気分が沈んでしまった作品や暗めの雰囲気な作品、ロープライス作品は殆ど入っていません。
Hシーンの破壊力では勝てても、総合的な楽しさではフルプライスにやや分があるので。
ここまで全て見て下さった方が居られたら、その方には上位陣は予想がついてしまうと思いますが。

今回はアレな表現は抑え目にしていますが、あくまで管理人基準であること。
また、ネタ記事であることをご了承頂ける方は読んで頂けると嬉しいです。
















第18位:セーラーエレメント(感想

某国民的アニメを想起させるタイトルや衣装という所に魅力を感じる人も居るのかな。
堕ちたヒロインが、まだ頑張ってるヒロインを襲ったり、お約束の展開は殆ど備わっている。
でもやっぱり、快楽に陥落しちゃう堕ちシーンが一番の魅力。
物語的にも一番の見せ場、堕ち前・後の落差を星野七海さん、花澤さくらさんが上手く演じて下さったと思います。
ただ、グッとくる台詞でも現実に戻されちゃうP音修正だけはマイナス。続編出ないかなあ。
















第17位:妹寝取り~身も心もお兄ちゃんのもの~(感想
『妹寝取り』紹介ウェブサイト
蓬かすみさんに初遭遇してお名前を強く意識した作品なので外せない。
その声優さんを好きになったキッカケとなる作品は皆さんあると思いますが、思い入れありますよね。
アニメーションがあるとはいえ若干のボリューム不足は否めないけども。
可愛い妹である葵ちゃんに対するおにちくな行い、でも主人公はそれがいい事だと認識しているんですよね。
もちろんされる側にとっては普通に嫌悪や拒絶されてしかるべき行いな訳で・・・そのズレを段々と縮めていく純愛?ストーリーなのかも。
アレをご馳走してあげなきゃ!なシーンは思考がぶっ飛んでて驚いた記憶があります。
















第16位:神骸魂装姫ヤクモ感想
メーカーとして恐らく初の卑語解禁、ディスクレス可という大きな試み。
私は二つとも大歓迎です、次回作以降もぜひ継続して欲しいな。
八幡七味さんをメインヒロインに起用したりと、トライアングルさんの声優さんの選択は素敵だと思います。
Hシーンもさらっとエグいものも混ぜてきましたし、ストーリーの流れも納得出来るものでした。
















第15位:らぶらぶらいふ ~お嬢様7人とラブラブハーレム生活~(感想
『らぶらぶらいふ』情報ページ公開中!
攻略に四苦八苦したことも今ではイイ思い出。
何より桜が本当にナイスヒロインだったことが大きい、めっちゃ可愛い。
台詞が悉く管理人の心に響いてきたし、柚原みうさんの演技も良かったし、同時にお名前を意識しました。
P音修正を筆頭にエロ目的に限定すれば少々厳しいことは否定しないが、それでもキャラへの愛着の方が勝った好例。
ボリューミーにして日常掘り下げてくれたら、もっともっと上にいけた可能性を秘めた作品です。
















第14位:恋愛リベンジ(感想
『恋愛リベンジ』2014年7月25日発売予定
鈴の姉である藍沢蘭の発言や行動を許せる日は管理人には未来永劫訪れないだろう。
もし自分が鈴の立場だったら今更何の用?って一言だけ言ってから徹底的に無視するしそれ以前に縁を切ってる。
それ程までにイラッとした、ほのかちゃんが「私はまだ葵さん(=蘭)のことを許してないんですからね!?」って言ってくれなかったらと思うとゾッとする。
まあそれもこれも鈴ちゃんが素敵なヒロインだったからこそですが。
橘まおさんの声や演技はピッタリだったと思います、イイツンデレ。
腹パンしたい発言にはじまり、萌え系のヒロインの口からはまず聴けない切れ味抜群の言葉の数々が新鮮でした。
他のキャラクターも魅力的でしたし、もっともっと上にいけた可能性は十二分にあった。
また、メインヒロインのエンディングは担当声優さんが歌っているという点も他では余り見られない特異さですね。
















第13位:まぞまい Mな妹のエッチなおねだり感想
タイトルを見た瞬間、CV発表された瞬間のわくわく感、凄かったなあ。
真宮ゆずさん、蒼依ハルさん、星空ユメさんとか管理人狙い撃ちですよ。
そして見事その期待に応えてくれました、可愛い妹たちとの変態チックなプレイが楽しめる素敵なゲーム。
拘束プレイの少なさと、卑語修正が残念ですがそれを補って余りあるエロ可愛さでした。
















第12位:帝都飛天大作戦感想
hiten_twico_kitora_03.png
キトラちゃんの製作者・主人公からの愛されっぷりがたまらない。
体験版にも収録されている名シーンであるDOGEZAからの相思相愛になっていく流れが素敵だったなあ。
彼女の魅力に抗える男はまず居ないだろうから、ある意味最強のキャラクターかも。
橘まおさんのボイスがガッチリとはまっていましたし、余りこういった系統のゲームをやることは無いので新鮮でしたね。















第11位:Love Sweets(感想
Love Sweets -ラブ スイーツ- 応援中!
この作品は「シリアス」「ヒロインと主人公を除いた登場人物及びその台詞」を可能な限り削っている。
皆がアルバイトをしているホットショコラの店長である鴇田さん以外は本当に一期一会な印象すら受けた。
それでもキチンと会話が成立していたし、何よりヒロインが複数場面に登場する機会が増えている。
管理人が一番好きなヒロインでもある「音無櫛無」、真宮ゆずさんボイスが素敵だし、彼女はボケもノリの良さもツッコミも優秀なので登場機会も多い。
ここで大事な所はいわゆる友人的なポジションのキャラが居なくても、ヒロインにその役を割り振ることで違和感を覚えることなく物語を終える事が出来るという点。
これを証明してみせたことにこそ、このゲームの真の価値があると思う。
唯一の弱点(利点でもあるが)としては、学校→お店で物語の殆どが済んでしまう所か。
















第10位:ユニオリズム・カルテット(感想
ユニオリズムカルテット 応援バナー企画参加中!

ユリナ目当てで買ったし、ユリナが一番好きなのは変わらないけど、やっていてメインヒロインたちを皆好きになれました。
メインヒロイン全員、って殆どのゲームに当て嵌まりそうですが、案外そうでもなかったりするんですよ。
橘まおさんを筆頭に好みの声優さんやバトル物でメインヒロインが知将タイプなことも魅力でしたが、この作品の一番の見所はやっぱりHシーン。
溢れんばかりの体液量と、次のHCGが表示された時に前の時の体液描写が残ったままの2点。
後者はコンフィグでON/OFFの切替が可能と配慮がなされています。
体液描写の引継ぎはガチガチのフルプライス抜きゲーでも標準装備とは言い難いだけに、拍手を送りたい。
個別のイベントが共通の大筋に内包されているストーリー構成に少々の難があったのが残念ではある。

















第9位:墜落人生 ~清楚お嬢様のヤクキメタコ部屋売春ライフ~感想
ドキュメンタリーを見ているかの様なリアル感、「フィクションではあるけれど、本当にありそう」そう思った。
和葉さん、こたつみやこさんの感情を乗せたガチすぎる演技の数々は是非聴いて欲しい。惹きこまれる。
エロいのは勿論なんだけど、その中でも色々な段階があったり、キャラの想いが隠れているので。
真由美と藍子が最終的にどうなるのか、あなたの目と耳でお確かめを。色んな意味で凄い作品。
ただ、非アクティブでの音声再生不可(多分初導入)、○ロ有りであることは承知しておいて欲しい。
















第8位:・契約彼女 ~新米彼女と始める、とってもHでPureな恋愛レッスン~(感想
puremore『契約彼女』応援バナー640×120_1
指導員と生徒という関係だけど、「一緒に頑張る」そんな二人が何時の間にかお互いを意識していたのは必然ですよね。
唯のレッスンが何時しか本当の彼氏彼女のセックスに変化していく様子が微笑ましい。
そういう「細かい変化」が重要で、(コンプリートには2周することが絶対に必要なのですが)1周目の範囲内でもそうですし、1周目と2周目でもそう。
玲香の汗と涙と努力の積み重ねを是非じっくりと見てあげて下さい。
変化に気がつけば気がつくほど幸せになれます。
Hシーンも全回想がCG複数枚使用と贅沢な構成でしたね。
もう一つ重要な事があります、それは「選択肢が楽しい」こと。
殆どが玲香が出題するクイズ形式なので、明らかなハズレ選択肢でも選んで反応を見てみたくなるんですね。
表示回数的にはどちらかといえば多い方にカテゴライズされると思いますが、もし今の倍あったとしても全く苦にならなかったと思う。本当に上手だった。
貴坂理緒さんのボイスもくせになる魅力があります。

















第7位:キミのとなりで恋してる!(感想
ALcotハニカム『キミのとなりで恋してる!』応援中!
やはりキャストが皆さんピッタリだったのが一番印象的でしたね、個性の強いヒロインに負けずに調和していました。
秋野花さんは何度もお声を聴いた事が有りますがやっぱり上手さを感じましたし、ほぼ初遭遇な歩サラさん、香山いちごさんも良かったです。好きになりました。
コンフィグを弄るとキャラがしゃべってくれたり、プロフィール機能(物語進行に応じて随時加筆)など、細かい演出も盛り沢山。
全体的にとても丁寧に作られていて隙がなかった。
Hシーンにも拘っていたし、何よりヒロインの台詞がいちいち男のロマンや妄想をついてくる破壊力の高さ。
おぅんごぅるさんの実力が感じられる、素敵な作品。

















第6位:黒の教室(感想

「抜きゲー」を作っていると自負のあるメーカーさんは細かい部分がやはり違うし丁寧。
例えば「体液を次のHシーンでも引き継ぐ」、実装されていない抜きゲーは実は多い。
「カットイン」オンオフ可能なのは勿論のこと、エロを邪魔しない場所に配置される配慮。
BGV鑑賞機能(一人当たり70種類以上)は本当に素敵な機能、こんなに細かくパターンあったんだな。って思うと同時に、使われない物も出るだろうけど勿体ないな。と感じました。
どうしても使われない素材は出てきますが、いろんな人が魂込めて完成したものに変わりは有りません。
だからこういう形でサルベージしてくれるのはユーザー的には本当に嬉しい。
テーマである恥辱も上手く活かしていましたし、ヒロインも皆魅力的。
アへ顔が皆無、学園長がサブキャラ枠の2点が残念ではあるが、エロ的な評価は揺るぎない。

















第5位:こいなか -小田舎で初恋×中出しセクシャルライフ-(感想
こいなか
「野々原みお」というヒロインのエロさに骨抜きにされたユーザーも多かっただろう。彼女は強すぎる。
蒼依ハルさんによる可愛さとエロさを両立させた演技、巫女さん属性、SもMもいけて卑語たっぷりという奇跡の産物。
もうね、ただただエロい、そして可愛い、ついついちょっと焦らしプレイしてみたくなるw
かなり珍しい「インストール直後からフル化可能な機能」を搭載している点も触れておきましょうか。
製作者さんからみればこれ大変勇気が必要な行為のはず、それをあえて搭載したという所に意味がある。
最初からするもよし、ある程度自力でやって難しくなってきたら頼るもよし、全部自力でやるもよし。
特定描写のオンオフに代表されるあらゆる選択権は可能な限り欲しいのがわがままなユーザー心理。
主人公の顔がHシーンで主張されることと、主人公の名前連呼は好みが分かれる所ではあるが。
年間1位に推す方がいても特に驚きません、それくらいのポテンシャルは十分にある。
続編が今から楽しみですねー。

















第4位:美少女万華鏡 -かつて少女だった君へ-(感想

商業作品で「ロープライス」と言えば通常は2000円台を思い浮かべると思う。
だがこの作品は税込み864(発売当時は840)円、余りに安すぎて殆どのショップが定価据え置きで販売という珍しい出来事が起きたほど。
しかし、その中身は価格を遥かに超えるほど詰まっていた。
Hシーンの適正な尺の長さは、個人によるだろうが、この作品のそれは同価格帯ではぶっちぎりの長さを誇る。
また、○○オチンポ等の修飾後つきの卑語(ここまで質量豊富なのは本当に珍しい)が特盛りな点もポイントだ。
何より葵時緒さんの純愛系統の作品、かつ濃厚エロス、P音修正なし、これだけ揃うのはもう今後ないかもしれない。
ファンの方なら間違いなく買うべき、きっと満足出来る。
全ての要素が高レベルで纏まっていている、過去作未プレイでも全く問題ないのも嬉しい。
















第3位:VenusBlood -HYPNO-(感想

ユニット雇用枠制限の撤廃など、過去作からの不満要素を解消した上で、新要素を盛り込む。
言葉にすると簡単だけど、実行するのはドレほど難しいことか、このシリーズ(メーカーさん)が好きな理由の一つでもある。
洗脳も上手くストーリー・エロ共に活かしていたし、遊べてしっかりエロい堅実なゲーム。
今回は部隊数もユニット数も半端じゃないので、本当に編成をあれこれ考えているだけで数時間軽く消えるw
何よりルセリ(CV:藤堂みさきさん)の某Hシーンが、10年後でも起動しているレベルでお気に入りなのが大きい。
















第2位:お兄ちゃん、右手の使用を禁止します!(感想
お兄ちゃん、右手の使用を禁止します!
優しくて、暖かくて、素敵な空気に包まれた、とっても癒される作品。
リアルお兄ちゃんも、そうでない方も、プレイすれば幸せな時間が待っている。
妹たちの行動や台詞の全てが可愛らしい、ちょっとしたモノを抱えつつも根は仲良しな所が安心感を与えてくれる。
予約特典という形ではあるけれど、ヒロインの心の声を聴ける「(覗き見)ダイアリーモード」がとても良い。
追加される台詞も結構多いし、「例:感じてくれて嬉しいな♪」とか主人公への愛を感じる物が殆ど。
細かい部分までとても丁寧に、そしてこのゲームを買うユーザー層が望む事をしっかり把握した上で製作されていると感じました。
さあ合計約3000回(管理人調べ)の4人の声優さん(橘まおさん、こたつみやこさん、姫川あいりさん、唯香さん)によるお兄ちゃんボイスに酔いしれよう。

















第1位:牝教師4 ~穢された教壇~(感想

この作品の順位だけは記事を書く前から決めていました。
何故なら管理人の夢が叶ったから。BISHOPさん、本当に有難うございます。
大好きな声優さんが、CV発表前から一目で好きになったヒロインを担当されて、それが大好きなメーカーの作品で、予想を超える満足感を得られた、エロゲを購入していてこれ以上の幸せに巡りあえることが何度あるだろうか。
今後何年経っても絶対に起動していると断言出来る、大好きだ!
作品の中身については、CG基本枚数150枚(フルプライス標準80枚としても倍近い)もさる事ながら、抜きゲーを作り続けてきたメーカーだからこその細かい部分への気配りが光る。
少なくともメーカーの中の人が「これはエロいな!ここはこうすれば同じシーンでももっとエロくなる」って思って製作されている、そう感じさせる何かがある。
前作を上回る各ヒロイン100種類を超えるBGVは圧巻。








【あとがき】
ということで、総合1位は「牝教師4 ~穢された教壇~」です。

意外性が全くない感じですが、皆何かが管理人の心を鷲掴みにしている作品ばかりです。
そして共通するワードが一つ、「公式に頻繁に足を運び、各種サンプルの視聴でワクワクし、発売日を指折り数えて待っていた」。
もちろんそれが=で好みドンピシャであることと結ばれる訳ではありませんし、そうでない場合でも「これは・・・!」という作品に出会えることも沢山あります。
ですが、やっぱり直感に訴えかけてくる「何か」があるんでしょうね。
皆様にも覚えがありませんか?「これは鉄板作品だ」という感覚、あれです。
そういうものを感じたら迷わず買ってみるといいかもしれません。

管理者にだけ表示を許可する

DigitalCute「タンテイセブン」応援中!

淫らに喘ぐ七人の夜這いする孕女
『聖騎士Melty☆Lovers』を応援しています!

puremore『契約彼女』応援バナー720×320_4


Copyright (C) 2011-2015 気がつけば複数買い All Rights Reserved.