エロゲー感想 > じゅ~にんかんり! ~10人の乙女に愛の手を~ 感想

じゅ~にんかんり! ~10人の乙女に愛の手を~ 感想

メーカー:<material mel
原画:熊虎たつみ/坂上海/結城リカ/Hiten/ごまさとし/レクリエール/アルデヒド/あきのしん
シナリオ:天翔狗/こごめさくら/火々野未完/甲二/西田タケヲ/若葉祥慶/空蝉座/キツネ丸。

【データ】(ネット認証なし、修正パッチなし)
・ディスクレス可
・回想62枠(雪7、伊織6、静香7、佳織7、しずく5、睦美5、葵6、千鳥6、弥生6、奏6)
・CG90枚(雪9、伊織9、静香9、佳織9、しずく9、睦美9、葵9、千鳥9、弥生9、奏9)※差分含まず
【書きなぐり】◎>○>△>×
CG:○(良好) 
CV:○(多くの声優さんの演技に触れられるのは、多人数ヒロインモノの強み)
シチュ:○(ハートフル100%)
テキスト:○(特に不満なし)


【良かった点】
①エロス
尺はガチ抜きゲーとしてみる場合は、もう少し欲しいかも。
卑語は予想通りゼロ、アへ顔は勿論ナシ。
CG差分は大体6~9枚くらい、アナルモザイクあり。
連戦Hの際の体液引継ぎはヒロインによっては有り。
意外というか、原画家さんによるのだけど、フェラの時に頬が窄まるCGが2枚ほど(佳織)。
この明るい雰囲気のエロゲでそういうのがあるとは思って無かったのでちょっとびっくりしました。

「じゅ~にんかんり! ~10人の乙女に愛の手を~」というタイトルだけど、「管理」というよりは「サポート」。
ヒロイン、もしくは各店舗の悩み事や困っている事を何度も足を運んで「主人公が一緒に」解決していくシリアス0の明るさが良かったですね。
きっかけやサポート方法はヒロインによって勿論異なるけど、プレイしていて「そりゃ主人公の事を好きになるよね」って自然に思えました。
ヒロイン数は10人と多いですが、CG枚数や物語による(言葉は悪いですが)「差」もなく平和そのもの。
エンディングも幸せそうな感じで良かったです、明るいハートフル抜きゲー。
こういう設定だと「体で支払うから!」というヒロイン尽くしという方向にも持っていけたと思うのですが、ヒロイン数10人なのでそうしなかったのは正解だと思います。
佳織はそれに近いことをしていましたけどw

②ヒロインとCV
雪、しずく、葵が特に好きになったヒロインになります。
ヒロイン数が多いといのは諸刃の剣ですが、皆個性があって魅力的に描けていましたね。可愛い。
また、多くの声優さんの演技が楽しめるというのも嬉しい所。
個人的には蓬かすみさんを筆頭に好きな方が多くて満足。堪能しましたw


【気になった点】
①エロス
○卑語ゼロ
発売前の予想通りにゼロでした。
使っていたのは、イチモツ、私の中、あそこ、瀬戸さんの、雅さんの、たくましいもの等々ですね。
またその項目か!と思われるでしょうが、当ブログ的には譲れないことなので。

○複数プレイなし
舞原姉妹にすらないというのは流石に予想していませんでした。
でも多分ですが、入れる予定はあったんだと思います。
ちょこちょこ他のヒロインも、選んだヒロインの物語で出てきますし。(全員登場はありませんが)
MAP選択というシステムにする必要性が薄れてしまいますしね、大人の事情だったのかも。

○発売前にCG大盤振る舞い
公式のギャラリーを見てみると、公開されている枚数は驚愕の54枚
54/90で何と60%は既に見ているということになる。
先にフォローしておくと、最初から全部見れたのは確か15枚くらいで、残りは水玉シルエット加工された上での表示。
そして発売日が近付くにつれて段階的に公開という形式だった。
だから、管理人みたいに水玉加工されたCGが大量に掲載された時点で、公式サイトへの訪問を控えた方もおられると思う。

作品自体は良好だっただけに非常に心苦しいが、常に正直でありたい管理人としてはこの部分は触れておかなければならない。
公開済み枚数をキャラ別に見てみると
雪:6/9枚
伊織:6/9枚
静香:5/9枚
佳織:7/9枚
しずく:5/9枚
睦美:6/9枚
葵:5/9枚
千鳥:4/9枚
弥生:5/9枚
奏:5/9枚
となり、大半のヒロインは既に見ているCGが過半数を占める。
更に各ヒロイン最低1枚は非HCGが含まれるので、HCGに限ると見ていないのが2~3枚という事になってしまう。
特に佳織の場合は、残り2枚の内1つはエンディング=通常CGなので残されたHCGは1枚である。
なので、公式ギャラリーのCGを全部見ている上でプレイしたユーザーと、殆ど見ないでプレイしたユーザでは抱く感想が大きく違ってくると思う。
CGは90枚、HCGに限っても80枚前後とけして少なくはない。
どのCGをサンプルとして公開するのが正解か、またどのくらいの枚数を公開するのが正解か、メーカー・ユーザー共に答えの出せない問いである。
多ければ、安心感や興味を持たせられるし、少なければその逆だ。
仮にCG80枚の作品でヒロイン数が5人(複数プレイなし)であれば、1人頭の枠は16枚前後で半分公開されていてもまだ8枚ほど残る計算になる。
だがこの作品はヒロイン数が10人で、同じ条件でも1人頭の枠が9枚。
初見CGが2~3枚というのはフルプライスの作品を購入している事を思うと、ちょっと切ないのは否定出来ない。
そう考えれば、やはり製品版の収録枚数の内6割というのは大盤振る舞いすぎたのではないだろうか。
やっぱり公式以外の部分(雑誌や販売サイトなど)でもCGを目にする機会がある事を考えると、フルプライス作品(CG80枚くらい)であっても公式掲載は20枚くらいがギリギリなのかな。と思いました。

②全体的なこと
ヒロイン1人1人の物語の全体の尺がフルプライス作品であるならばもう少し望みたい。
方向性や描き方がとても良かったので、まだまだ日常パートを見ていたかったというのが正直な所。


【まとめ】
良くも悪くもヒロイン数10人、という部分をどういう視点で捉えるか。
10人分楽しめる!と見るか、一人頭の割振りを考えてしまうかはユーザー次第だが、作品自体は良好です。
ヒロイン可愛いし、シリアスないし、安心して遊べる抜きゲーだと思います。


総合評価:6.5点(CG公開については回避していたので特に-はしません
【内訳】
基本点:4点
仲良くなる過程の丁寧さ:+1点
お気に入りHシーン:+1点
CV:+1点
物語全体の長さ:-0.5点(抜きゲーだけど日常パートもっと見たかった
421:

攻略キャラが多すぎたかもしれませんな~
もっと仲睦まじい物語を見たかったですね。全体的には音楽も好きだし(特にヒロイン選択時の)キャラクターも魅力的で買って良かった部類に入りますね!

2015.03.01 22:59 ハッシュド #- URL[EDIT]
422:>>ハッシュドさん

コメント有難うございますー。
攻略ヒロインが多ければ、それだけ多くのお客さんを取り込める!・・・と単純にいかないのが難しい所。
限られた回想枠・CG枚数(皆が皆年単位の時間をかけているエンゼルティアー並は不可能ですし)の割振りがシビアな問題ですね。

仰るとおり、Hよりのゲームですけど何だかほっこりしますよねw
買って満足はしているだけに、好きなヒロインをもう少し掘り下げてくれれば最高でした。

2015.03.02 13:40 清流@管理人 #YOSlp5ks URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
DigitalCute「タンテイセブン」応援中!

淫らに喘ぐ七人の夜這いする孕女
『聖騎士Melty☆Lovers』を応援しています!

puremore『契約彼女』応援バナー720×320_4


Copyright (C) 2011-2015 気がつけば複数買い All Rights Reserved.